1578

稼働から半年経った今だから‥

by
ハッシュ
ハッシュ
今回は、FOOTISTA稼働前に今は廃刊となったサッカーゲームキングに掲載されたプロデューサーのインタビューを振り返ってみたいと思います。

このインタビュー記事は今年の1月に世に出たもので、当然FOOTISTA稼働前になります。
ロケテは行われていたものの、最終的にどのようなゲームに仕上がったのかは全く分からない状態で初めて目にして、FOOTISTAへの期待を膨らませました。

その後3月の正式稼働から半年以上が経過し、FOOTISTAの仕様やゲーム性を大体理解出来た今、この記事を読んだら何か当時とは違う考えや思いが出てくるのではないかと。

そこで記者の方がされている質問と、それに対するPの回答を簡潔にまとめまして、そのやり取りで今の私が感じたこと、コメントを書いていきます。

少し長くなるかも知れませんので、複数の記事に分ける可能性もありますが、よろしくお願いします。では始めます。

※ちなみにこの記事はネット上にもありますので、気になる方は「FOOTISTA プロデューサー インタビュー」で検索して閲覧してみてください。

Q、WCCFを刷新しようと考えた理由は?

A、ライフサイクルのリセットとビジネスモデルの改善

まずはこちら。WCCFからFOOTISTAへと舵を切った理由ですね。
前者は、WCCFが熟成期から衰退期へと入っていく中で、それに抗ってきたのがWCCFのラスト数年間。しかしどれだけ抗っても縮小していくことを止められないので、いっそライフサイクルをリセットすることが健全だと判断した。
後者は元々200円1クレジットを前提としてゲームセンターは収支を計算出来る様に考えていた。しかし価格競争によって1クレ100円が当たり前になっていき、ゲームセンターにとって優しくないゲームになっていたということですね。

個人的にはこのタイミングでWCCFからFOOTISTAへと切り替えたのは正解だったと感じています。
私は15-16Ver2.0からWCCFを始めまして、17-18の最後までずっとプレイし続けました。なので歴としては非常に短い期間ではあるものの、その中でもマンネリの様なものを感じていましたし、あと数年は大丈夫かも知れないけど、長期間続けていくのは難しいだろうと感じていました。

恐らくそれは私だけではなく、多くのユーザーさんが少なからず感じていたことだと思うんです。
だからこそ私が始めた15-16の段階から既に「WCCF終わるんじゃない?」みたいな噂が出回っていたのだと思います。
だからこそ新ゲームに舵を切って、ライフサイクルの最初のフェーズである「誕生」から始めるのは、将来的なことを踏まえれば正しかったのではないかと。

ただFOOTISTA稼働当初の完成度が‥‥いや、もうこれ以上は止めときましょう。笑

ビジネスモデルにしても、ゲームセンターがWCCFを設置していたのは「お店に利益をもたらす為」ですから、正しい形で正しい利益が得られない状態が普通になっていたのであれば、それをリセットするというのは致し方ないことです。
ゲームセンターあってのFOOTISTAですから。

Q、FOOTISTA開発に際して大事にしたことは?

A、変えてはいけないことは変えないこと

「変えてはいけないこと」として記事内で挙げられていることは、物質的なカードを用いることです。
実際のカードが手元にあるというのはアーケードゲームの強みで、WCCFでも「カード収集」が楽しみ方の1つとして大きな部分を占めていたということです。

ただ、それに関しては納得の形ではあるんですが、WCCFから消えたものとして「育成」「特殊実況」「ゴールパフォ」があります。(ゴールパフォは一部ありますが‥)

育成に関しては、新ゲームへと舵を切る上で切り捨てたものだと思いますので、ここの是非は難しいところですが、実況とパフォーマンスに関してはゲーム性は関係ない部分ですし、尚且つWCCFユーザーも好意的に感じていた部分なので、最初からしっかり整えた上で稼働させても良かったのではないかと思いますね。

Q、FOOTISTAになって変わった所は?

A、「オンデマンド印刷」「駆け引き」「情報の可視化」

まずは「オンデマンド印刷」。これを導入するにあたって条件が2つあったと語ってらっしゃいます。

・カードのクオリティの担保
・オンデマンド印刷を生かした新しい遊びを導入する

この2つらしいです。
クオリティに関しては非常に高いレベルにはあると思います。同じSEGAの艦これや他社のBBCと比べても、ワンランクは上のクオリティかなと。
その分ミスプリも多いですけど、それだけ印刷も複雑になると思いますから多少は仕方ないのかなと。

ただミスプリが発生した時の対応が良くないですよね。
再印刷機能が搭載されておらず、カードの郵送によってやり取りが成される。全て完了するまでに約3週間~1ヶ月。これでは余りにも厳しいです。
艦これやBBCはミスプリはほぼありませんので、FOOTISTAではカードのクオリティを担保する為に印刷機の仕様が高度化。結果として店舗におけるメンテナンスが複雑化し、ミスプリの増加に繋がっているのであれば、ミスプリが起こった時の対応方法まで含めての「カードのクオリティの担保」だと思います。
これは今後改善に期待したい部分ですね。

「新しい遊び」はプレイヤーズサイトのマーケットとトレード機能のことっぽいです。
あとは現実のサッカーとリンクして、「大会で活躍した選手を1週間後に配信」もやりたいと語っているので、これも是非期待したいところです。

またオンデマンド印刷のメリットとして「被りにくいカードの排出」も挙げられてます。これは当時から好意的に受け入れられてましたね。
しかし現状では不満が噴出してます。スカウトで被りが頻出し「集めやすくなったんじゃないの!?」と。

ただこのインタビューでは「WCCFに比べて集めやすくなった」というニュアンスで書かれてます。
WCCFではKOLEやHOLE、白黒も含めて、全てのカードをコンプリートするには相当な時間と費用に加えて運が必要でした。
私自身15-16、16-17、17-18とほぼ毎日蹴ってきましたけど、丸一年蹴ってもカードをコンプリート出来たバージョンはありませんでした。
1BOX50枚。1クレ100円とすれば1万円で100枚。内レアカードは8枚程度。コンプリートには程遠いですね。
でもFOOTISTAで1万円投入すれば、恐らく悪くてもそのバージョンのカードの8~9割方は揃うはずです。コンプリートだって充分に可能。
加えてWCCFでは個々で企画してやるしかなかったトレードもサイト上で簡単、手軽に行える様になり、マーケットでのカード購入も可能になった訳ですから「WCCFより集めやすくなった」という点は間違いないと思います。

しかし現状は「WCCFよりも」という部分が抜け落ちて「カードを集めやすくなった」という情報だけが独り歩きしてしまってる印象です。
だから被りが頻出すれば「話と違う!」と感じて批判に繋がってるのかなと。

あくまで「WCCFよりも集めるのが簡単になった」のであって「簡単にカードを集められる」ということは保証されてませんので、そこはもう一度再認識して上で、スカウトを回すかどうか判断した方が良さそうです。

WCCFは1プレイ1カード排出でしたから、それがFOOTISTAではカード排出に別途100円が必要になりましたから、その部分で割高に感じてしまうのは仕方ないんですけどね。

少し長くなってしまったので、ここで中断。まだ「駆け引き」と「情報の可視化」が残ってますが、以降のインタビューは試合内容についての話がメインになるので、次回の記事でまとめて書きたいと思います。
作成日時:2019/10/07 01:53
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
フク
フク
10月7日 9時45分

カード収集はカード数がめちゃくちゃ少なくなったので、揃いやすいし、ダブりやすい!!まぁ当然ですよね。皆さん、投資し過ぎです笑
しかしリーグ戦で使うカード以外はコスト気にしなくていいから過去カードで十分となる前にどうにかしたほうがいいですよね〜。個人的にはグラフィックが絵のタッチは細かくなったのですが絵心が無くなってしまったので旧カードの方が良いというのもあり旧カード使ってますね。

ハッシュ
ハッシュ
10月9日 19時6分

hiiroo300さん
いつも閲覧頂き、ありがとうございます!
私も元々ヨーロッパのサッカーが好きで、その選手たちの実物のカードが手に入るという部分に惹かれました。なので私も物質的なカードがある以上、何だかんだ続けるんだろうなぁと思います。笑
色々と改善すべき点は多いですけど、カードの集めやすさであったり、簡単に離れた人とFMが出来たりと良い部分も間違いなくあるので、今後に期待しても良いのかなとは思ってます。

ハッシュ
ハッシュ
10月9日 19時13分

フクさん
コメントありがとうございます!
でもまぁコンプしやすいのは有難いです。WCCF時代のブログのレア報告からご覧頂いているフクさんならお分かりかと思いますが、あの時はコンプの為に殆ど無限地獄みたいになってましたから。笑
WCCF歴が長ければ長いほど愛着のあるカードも多いでしょうし、それを使えるというのは重要だと思いますが、確かにFOOTISTAカードを使いたくなる、もっと言えばスカウトを回したくなる環境は必要かも知れませんね。
過去カードで出来ずに、FOOTISTAカードで出来るとなると、現実のサッカーとリンクさせるのが1番なのかなぁ

コメントするにはログインが必要です
シェア