877

フッティスタ的、残念なセリエA名選手図鑑 その3

by
natuk
natuk




マルコ・フェッランテ

セリエAとBを行き来するエレベータークラブになったトリノ。その前線を背番号10を付けフォワードとして支え続けた闘将フェッランテ。
トリノではセリエAとB通算だが100得点以上ゴールを決め、怪我で前線が手薄になったインテルへレンタル移籍もしていた。

個人的にはガンツ、ヒュブナー、フェッランテ、プロッティは当時のセリエA屈指のベテランストライカー達だと思います。
が、年齢こそあれどJリーガーより低い能力・・・この能力でセリエAシーズン18得点は無理だ・・・

とりあえず、フィオレンティーナにリベリーが来たので少しテンション上がってます。第1弾のカード探さなきゃ!
更新日時:2019/08/22 06:02
(作成日時:2019/08/21 23:58)
カテゴリ
イタリア
コメント( 5 )
5件のコメントを全て表示する
N-Ash
N-Ash
2019年8月22日 11時29分

ていうか、露骨に弱くしたいにしてもリーグごとの特色ぐらい出してほしいです。パワーが低めだからってセリエAでコンスタントに試合出てた選手がフィジカルコンタクト弱いわけがないだろうが、と。

ロペーニャ
ロペーニャ
2019年8月22日 14時0分

数値がインフレして一旦終わらせたゲームの最初期のカードですからね…
今の基準で数値を再設定されていたらどうなっていたか気になりますね

natuk
natuk
2019年8月22日 18時28分

この辺りをレジェンドで出して欲しい・・・^ ^

コメントするにはログインが必要です
シェア