402

攻撃に選択肢があるなら...

by
セレブリャコーフ CBF#5
セレブリャコーフ CBF#5
スキルやコンボ、ホットラインで攻撃はバリエーションを選択できるので、
守備面でも試合の方針を大まかでも決めれたら良いなと思います。

例えば...

①プレッシング
メリット: 
・プレッシングで即時奪還してショートカウンターが狙える。
・プレッシングでプレッシャーをかける事でロングパスやスルーパスの精度を下げられる。(ポストプレイやスルーパスの成功率を下げられる。)
→ロングパスやスルーパスを起点にしたスキルに強い。

デメリット: 
・ボールをキープしてショートパスを回してくる相手には、プレッシングで空いたスペースを使われてパスを繋がれたり、ドリブルで持ち込まれて攻められやすい。
→ショートパスやドリブルを起点にしたスキルに弱い。

②リトリート
メリット: 
・自陣への帰陣、スペースを消して待ち受けるので、インターセプト等パスカットがしやすくなる。
→スルーパスやショートパスを起点にしたスキルに強い。

デメリット: 
・敵後方のボールホルダーに対してプレッシャーがかかりにくい状況になるため、高精度のロングパスを通されやすい。
→ロングパスを起点にしたスキルに弱い。

③マンマーク
メリット: 
・各ポジションで1対1の局面を作るので、相手のパスコースを少なく限定できて、ボールホルダーにもパスをもらおうとする受け手にもプレッシャーがかかりミスを誘い、パスカットしやすい。
→ショートパスやロングパスを起点にしたスキルに強い。

デメリット: 
・各ポジションで1対1となるので、マッチアップ次第では比較的簡単に突破される。しかも、カバーリングが間に合わない可能性が高い。
・カバーリングに動けば、動いた選手のマークがずれて行くので、相手にフリーができやすい。
・相手に移動されれば、その動きについて行くことになりフォーメーションが崩壊する恐れがある。(相手の影響が大きい)
→ドリブルやスルーパスを起点にしたスキルに弱い。

④指示しない(デフォルト)
・現在と同じく、AIに動いてもらう。バランス型?

ざっくりと上記のような要素が、現在のカード移動と組み合わせて、付加されたら読み合いに深みが出たりしないかな...?(*´-`)

とか、徒然に思ってみる...
作成日時:2019/07/12 15:16
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 10 )
10件のコメントを全て表示する
セレブリャコーフ CBF#5
セレブリャコーフ CBF#5
7月14日 12時34分

>>黒軍鶏さん
お疲れ様です(^ ^)
こちらこそコメントありがとうございますm(_ _)m
いまのマンマークは、指示したらその1選手が相手の1選手だけについて行くって謎なのですよね(^_^;)
普通マンマークしろって指示されれば、チーム全体で近くの相手選手を捕まえて1対1で相手チーム全体の動きを封じて、
パスさせないぞ!突破してくるならファールしてでも止めるぞ!って動くことで、相手の攻撃の選択肢を減らしたり、ディレイさせるはずなのですが...
ただただマンマークした相手に付きまとって翻弄されて、フォーメーション崩して、スペース空けちゃったりで本当に微妙ですよね(^_^;)
マンジュウは待ち受けるスタンスで守備ができると止める機会が増えた感じがしますが、上手く起用される監督にはまったく歯が立ちませんね(´-`;)
そんなマンジュウにパスが高精度&高速で後方から飛んでくる...
結構ロブ気味のロングパスなのに追いつけない味方守備...
これを前線でのプレッシングでパスコースの限定とパス精度の低下させる事が出来れば、守備にも分があると思うのですけど...
一長一短はあるけどシチュエーションに合わせて対策が取れる守備連携の設定が出来て欲しいですね。

黒軍鶏
黒軍鶏
7月14日 13時20分

セレブリャコーフ CBF#5さん
マンジュウにはフンメルスかセルヒオ・ラモスが良いと見ています。
結構この二人には助けられています。
ディフェンス面で安心感はありますね。
ベッケンバウアーについては、、、
ボランチの方が良いと見ています。(-_-;)ノ
あれはセンターバックには置けないです。(´-ω-`)

セレブリャコーフ CBF#5
セレブリャコーフ CBF#5
7月14日 20時19分

>>黒軍鶏さん
アドバイスありがとうございます(^ ^)
どのポジションも好きな選手や遊んでいて使いやすい選手が多過ぎて、悩みますね(*´ω`*)
参考にして、いろいろ試してみたいと思います(^ ^)

コメントするにはログインが必要です
シェア