855

【考察】猫まっしぐらEx

by
ネコまっしぐら
ネコまっしぐら
戯事です。
今日当たったリーグ戦の監督は皆ホットラインをキーパー挟んだV字型にしていました。
自分もどんだけの物か気になったのでカップ戦のスーパーリーグで試しに同じ形でラインを繋いでみました。
後半は通常の後ろから前に繋がるようなラインに引き直したのですが明らかに変わったのがずっと問題視されている空スライディングの数でした。
で何でこんな事になるか、ある仮説を立ててみる。

仮説
ディフェンスはフォワードからキーパーへのパスカットを狙ってスライディングをしている。

理由
・明らかに後方や離れた位置でのスライディングがFWとGKの直線上が多い(気がする)
・ディフェンスがFWに詰めずに何故か中央付近で棒立ち

でAIの挙動として考えたのが以下の通り
・V字ラインの起点となっている選手は常にGKにパスをだす内部処理が行われている。
・守備側のAIは上記のパスを出す信号に対し、パスカットするか、タックルするかを判断する。
・ホットラインを引いていてもある程度の距離や状況によってホットラインボタンを押してもパスはせずある程度パスコースが見つかるまでドリブルを行う。
・ボールを持った選手は基本、前か横へ移動しながら相手ゴールに向かうようになっている。
・GKは動かないのでFWはパスコースを探しながら前線へボールを運ぶ。

以上が今日やってみて考えついたことです。
上記にプラスして元々身体を寄せて攻撃を遅らせるより、ボールをとにかく奪うという思考が強い守備意識がさらに空スライディングを助長させ、ホットラインボタンを押すとホットラインを結んだ選手が能力が上がる事によって中盤からの脅威のドリブル突破が生まれるのではないかと考えました。

何かそう思ったら個人的に納得しました。(あくまで個人の見解です。感じ方は人によって異なります。

じゃあどう対処すれば良いか、結局ボールを奪う人数を増やしていく必要があるため5バック、それでも空スライディングが多いから更に守備人員を増やす為のダブルボランチ。
攻撃はドリブル突破が基本の為、前線のMFはオマケ。
で結局5-3-2ダブルボランチが最適解となって今に至る。

ってことなんですかね?教えて強い人!
更新日時:2019/05/30 01:09
(作成日時:2019/05/30 01:09)
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 2 )
雷帝
雷帝
2019年5月30日 2時18分

強い人ではありませんが・・・
空スライディングは選手がやる気をなくしてるサインだと思ってます。
そんな時は「無能な監督ですまん」ってとりあえず心の中で謝ります
何が正解かは分かりません。
すぐに交代なんてのも、1つの対策かなと思います。
自分は全メンバー入れ替えのカップ戦を挟んだりしてコントロールできないか試してます。

ネコまっしぐら
ネコまっしぐら
2019年5月30日 7時43分

雷帝さん
コメントありがとうございます。いつも投稿見てます。
やる気という隠しパラメーターがあるかは不明ですね。
自分も調子重視のスタメンにしたり、カップ戦やったりして環境変えてみてます。が昨日余りにも前半と後半のCPUの挙動が変わったのでどんなAI思考なんだろう?って思って書き連ねたしだいです。

コメントするにはログインが必要です
シェア