761

FOOTISTAって遊戯王的な闘い方?

by
KOTETSU_MCZ
KOTETSU_MCZ
おはようごさまいます。
よく分からないタイトルですみません。昨日の夜蹴っていて思ったこと、書いてみます。

FOOTISTAは、交替で訪れるチャンスとピンチをどうものにするか、凌ぐか、そんなゲームだと思います。
たまに一方的過ぎて手も足も出ない、いわゆる風が吹いた状態度いうこともありますが。

例えばテニスっぽい?
サービスゲーム(=攻撃時)は、有利とされており、きっちりそのゲームを取るのがテニスではとっても重要。落とすと不利に。
相手のサービスゲーム(=守備時)は、やられて当然という中でブレイクすればチャンス到来。

マンジュキッチのゴリドリゲームになってますが、来たチャンスをきっちり決める、相手のチャンスをどうにかして止める、その決定力と回避力が勝敗を分けます。

そこには、技術が存在していて、ポイント上位の方については取りこぼしが極端に少ない。

・焦って早めにシュートしてしまい止められる
・シュートが遅れて相手キーパーの飛び出しで防がれる
・プレスし過ぎて空スライディングでDF不在に

この辺をしっかり見極めて行きたいです。
当面ロム変わるまでは今の勝ち方が主流になるだろうから、シュートタイミグ、ボールの奪い方、練習していこうと思います。


時折、タイトルに書いた通り、遊戯王っぽい!って思うことも。

相手ターン
マンジュのゴリドリ。バランのペナブロでブレイク!

次はこちらのターン
クリロナのゴリドリでゴール!

みたいな(笑)。
プレイの幅、選手選びの幅が広がるような修正を、第3弾では期待したいと思います。

 
更新日時:2019/05/29 08:16
(作成日時:2019/05/29 08:16)
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
ピノスケ
ピノスケ
2019年5月29日 9時26分

勝てるかどうかはともかくサービスゲームという明確な有利時間が平等にやってくるテニスより、バスケの方がイメージ近いですね。
ダメなときは前線で奪い返されるけど、コートが狭くて展開早いから、慎重に行けばシュートレンジまではすぐに行く。
ただ、シュートレンジが狭すぎて3Pシュート(ミドルレンジ)はほぼ入らなくて、代わりにGKリベロ相手なら超ロングのブザービーター狙いみたいなシュートがよく入るという…

KOTETSU_MCZ
KOTETSU_MCZ
2019年5月29日 20時59分

ピノスケさん
確かにバスケはぴったりですね。そこに、剣、槍、斧の関係性とかあればいいんですが、当初売りにするつもりだった駆け引きなんて全くないですね。
駆け引きどころかゴリドリをいかに防ぐか?だけですから。ここからの改善に期待します。

KOTETSU_MCZ
KOTETSU_MCZ
2019年5月29日 21時2分

脂多め髭濃いめさん
おっしゃる通りをうまくやると勝てるゲームです。
無敵ドリブルの選手がコスト面で負荷かかるとかなら納得出来なくないですが、コスト100のくせに無敵なマンジュがゲームをおかしくしてます。
これだけ極端だと、我を通す(WCCF時に縛りにこだわった)気力もなくなります。

コメントするにはログインが必要です
シェア