1739

カードを動かせば世界が変わる

by
ピノスケ所長
ピノスケ所長
 先週末のプレイから、よりカードを細かく動かしながらプレイするように心がけ始めたのですが、
タイトル通り、世界観が変わりました!

↓文字が青いのはこの記事の通りプレイした動画へのリンクです。↑
 今まではなんとなく、リアルカードがもらえる代わりに育成や経営の概念が薄目なサカつく。みたいな感じで、
試合は基本見守りながら大雑把な指示(スキルやホットラインの発動)をするゲームだと思っていました。

 しかし今回、細かい動き。例えば、CFにマークが張り付いていてパスが通りそうにない。というなら、
ボールをもらいに降りてこさせたり、DFの間にポジショニングさせて裏を狙ったり。
メーカーが推奨したり宣伝文句にしている、細かい操作は一切ナシ!頭だけ働かせろ!という先入観を取り払って、
ボタンに指をかけるだけだったその腕をカードの方に伸ばし、細かい操作をしてみればあら不思議。
このゲーム、例えるならばウイイレやFIFAの逆バージョン。
ボールホルダーやそれに対峙するDFの細かい操作をするのではなく、
オフザボールや陣形を含めた全体を操作し続ける激しいゲームに早変わり!

 左手にはHL重視&プレスボタン。右手にはA~Eボタンがありますよね。
↑↓とBは押しっぱなしにしなきゃいけない場合もあって、
CDEはカードをこすってから押すという特殊な操作。
なによりAは最もタイミングにシビアで、センスが問われるボタン。
それらを的確なタイミングで押せるよう準備しながらもカードを細かく動かしていく。

 これ、ガチでやったら普通に1試合で汗かけるんですよ!
(ランカーさんは普通に知ってるわと思われるかもしれませんが)

 Eスポーツ?ちゃんちゃらおかしいわ。みたいな声をよく聞きますし、
つい最近まで私もそう思っていましたが、あながちない話でもないのかもしれない。
そんな可能性を感じました。


 左手でHL重視を押したり離したりしながら右手でライン上の駆け引きをしていると、抜け出してシュートをするときFWに触れていた右手の位置が遠すぎて、
先日は無意識のうちにまるで筋肉番付のショットガンタッチのボタンを押すような激しさでバシンッとAボタンを押してしまいました。
具体的にはこのプレイです。録画時の音は下げているので聞こえませんが、ジェズスが抜け出した直後結構大きい音が出て、周りをキョロキョロと見渡してしまいました。

 これくらい激しくプレイする前提だからこそ、ABボタンはあれだけ大きかったのかもしれません。
当初は何でこんなにでかいの?と思っていましたが、ようやく納得できました。

と、いうわけで私もやり始めたばかりですが、カード動かしまくりプレイ。
まだやってない方はお勧めなのでぜひお試しあれ!

更新日時:2019/06/09 07:52
(作成日時:2019/05/22 13:47)
コメント( 6 )
6件のコメントを全て表示する
ピノスケ所長
ピノスケ所長
2019年5月22日 14時43分

先日は4試合して、今回の動画にはありませんが、ポジションチェンジしながらのゴールが決まった時は結構感動しました!🥺
あとで全体を動画化するのに、わざわざツイッターでフライングしたくらいに…笑

bontakun_FOOTISTA
bontakun_FOOTISTA
2019年5月23日 1時33分

カード移動大事ですよね。
地蔵プレイしてた時とは、チームの動きがまた明らかに変わってきます。攻守の切り替えの時に、カードを移動するだけでも、チーム全体の動きが異なるので、その変化が楽しいなと感じます。
これで、第3弾でもっと今の環境が整備されたら魅力的なゲームになると思うのですが…

ピノスケ所長
ピノスケ所長
2019年5月23日 8時31分

僕も気付きはじめたところなので偉そうなことは言えませんが、開発陣は、現状悪いところばかり目に付いてしまって、その修正+インカム増やすための姑息なアイディアを出すのが精一杯な感じになってますが、(あ。姑息って悪い言葉じゃなくて、医療用語的な真面目な表現だと思ってください。実際やむを得ない状況ですし)
面白い部分をより推していく。強化していく。っていうのを思い出して欲しいですね。
稼動前の動画も今思えば、データをもとに話していましたが、辞めた人のネガティブなアンケートへの対策ばかり。
続けている人に、何が面白いのか。なぜ続けられるのかについては一切語りませんでしたし、そもそもそんなアンケートを取っていないのかもしれません。
だからこそ、あっきーさんじゃないけれど、楽しいと感じる部分は大げさなくらい声に出さなきゃ。
続けているユーザーにも続ける理由があって、これがなくなったら辞めちゃうよっていうのを伝えなきゃ、何か得る代わりに何か失うようなアップデートになってしまうのかもしれない。
なんてことを思いはじめました。
あっきーさんじゃないけれど、セルジオ越後さんでもないけれど、その辺のバランス感覚は大事。

コメントするにはログインが必要です
シェア