613

気づいたら 財布空っぽ 新バージョン

by
・・・・の・・・かふー
・・・・の・・・かふー
ゲーム性が面白くないとか、5バックばっかりとか、DFザルとか、クリロナゲーという話が耳に入りつつも、そんな雑音を無視するかのように、WCCFシリーズ(と言っていいのか・・・)に寄付してしまうのです。ファンだから

ゲーム1回でもプレイしないと、ターミナルでコスト70のJリーガーすらスカウトできないんですね(ってこれ、他のカードゲームでも同じでしょうか?)。とりあえずゲームやって、レギュラースカウトやって・・・チャリンチャリン100円玉消えて・・・。

バージョンアップ初日って、時間当たりの投資金額がパ●ンコやス●ットよりタチ悪い・・・(って、他のオンデマンド印刷するゲームでも同じなの?)。そう感じてしまうのは、ガチャ4回+試合1回の計500円の投資が頭の中に残るからでしょうか。試合よりも、ガチャでお金が消えていく強いイメージ。カード印刷でもチャリン、雑誌のコードを入力し、チャリン(昔は置くだけでよかったんだけどと思いながら)・・・。

自制心あれば、少額で済むけど、自制心が効かないバージョンアップ当日じゃ、お金を余計に使っちゃう。

お金を予想以上に使ってしまったとしても、それを感じさせないのが、良い商用コンテンツだと思う。WCCF時代より、投資しているイメージが強い(その分、時間は使っていないのだが・・・)、「お金使っちゃったなぁ」という感覚が頭に残り、我にかえり、財布を見ると、100円玉がいつの間にか消えている。

旧WCCFはお金と時間を使ってしまったイメージはあるけど、ことお金に関していえば、フッティスタ ほどの無駄遣いへの後悔というか、罪悪感は残らなかった気はする。それは遊んでいる時間と費用の掛け方が比例していたことが、自分の中で納得できていたからだと思う。フッティスタ は短時間で遊べるというメリットはあるけど、時間当たりの投資がかさむことがあるため、無駄遣いへの後悔が残ってしまう。特にバージョンアップの初日は。
スカウトしなければいい話だけど、WCCFから遊んでいる人間は、試合をしてカード1枚というのが染み付いているから、スカウトの魔の手に引っかかってしまう(自分だけかもしれないけど)。

「ゲーム報酬としてのカード」という考え方も変えないとフッティスタ を楽しめないのかもしれない。

以前はバージョンアップの時は、新規カードが欲しいという気持ちと新しいバージョンでゲームがどう変わったのか見てやろうという気持ちが半々で、自分の好きなオールスターチームを持ち込んで時間(とお金?)を忘れて遊んでいたけど、カードの取得とゲームプレイを分離(という言い方が正しいかわからないけど)した分、新バージョンはカード収集の方が強くなってしまったと思う。

その結果、ゲーム1回につき500円という費用がゲームのプレイ代金にマッチしていないと感じてしまうのかもしれない(カードはその分多くもらえるんだけど)。

と考えると、自分はゲームをプレイしたい人間なんだなぁとしみじみ感じてしまった。もちろん、新しいカードも欲しいですけどね。今回はカードのラインナップを変えているだけという要素のみ(強い?)だから、こうなるのかもしれないけど。

 
更新日時:2019/04/27 10:09
(作成日時:2019/04/27 09:26)
コメント( 3 )
KAZZ
KAZZ
2019年4月27日 20時26分

今日新バージョン初蹴り👣💨始める前に電子マネーに諭吉投入も、半日で全部溶けました(笑)
ロナウドとデル・ピエロ意外はほぼほぼ出ました✨

・・・・の・・・かふー
・・・・の・・・かふー
2019年4月28日 11時27分

このゲーム、ほんと、こわいっす

KAZZ
KAZZ
2019年4月28日 14時41分

これからはデル・ピエロ狙いのガチャで、外れはチケット化で、ターミナルガチャでクリスティアーノ・ロナウド狙いのあとカップ戦になるかな☺

コメントするにはログインが必要です
シェア