123

あの日、交わした約束は砕けて散った 激しく儚い、記憶の欠片

by
フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
とりま5連。
 
ジンチェンコ。
 
 

弱亀。
 
 

ラカゼ。多分子供の頃のあだ名はコング(訴えられるぞ)
 
 
 
困り顔のファレス。
 
 

トルガン。無料では初めて見た。
 
 
さてと。
ちょっと今日は、とある「ビジネス」のお話を一席。
 
えー、「ODOROKI」という会社がございましてな。軽くこの名前でググって頂けるとわかるんですが、「スポーツ選手のマネジメント業務」を生業とする企業、でございます。
で、契約してるサッカー選手が十四人いまして、そのうち7人がサガン鳥栖絡みです。正確には、そのうち一人松岡なんで6人ではありますが。
まあ、要するに松岡の移籍もここが噛んでた、ってことです(笑)
 
これが別に根拠ない妄想ならよかったんですが。この先、憶測多めではありますが...ちょうど松岡移籍の頃に、事情通の方が動画をあげてましてね...その中でこのODOROKIのことは既に触れられてまして。
 
ここでの解説、大まかこんな感じ。
 
松岡、海外志向ではあるけど海外は中盤の選手にオファーを出しにくい、特に一チームでしかやってないと適応するかどうかわからない。だから清水への移籍は鳥栖以外でもやれる、というアピールに繋がる未来への布石としての移籍であるー
 
なぜか多くの鳥栖サポの皆さん、これにひどく納得してらっしゃってまあ物分かりがいいねえ、なんですがちょい待て。
 
 
...それはどうあがいても鳥栖から直接海外には出ていけない、ってことなんじゃないの?
ついでにODOROKI、代表がかつて鳥栖でもプレイしてた元選手だったりしまして。
 
 
んーと、これって鳥栖は食い物にされてるんじゃね?
 
 
が、個人的な第一印象でしたねえ(笑)
ただこのODOROKI、油断ならないのが鳥栖のスポンサーもやってまして(笑)、その見返りに選手の契約を勝ち取ってあちこちに転がしてるのかあ、と黒い感想を持ちましたとさ。
 
だからね、パワハラあろうがなかろうが鳥栖からは出ていくんですわ、選手(笑)
 
ま、貧すれば鈍するとは言ったもんです(笑)
 
 
 
ちょっと別の話を。
サービス終了まで3ヶ月を切った、はよく言われることなんですが、ちょっと冷静に考えてみる。
 
...3ヶ月ある、といったって毎日プレイするわけではない。フルに遊んでも休日、及びその前夜がいいとこ。
で、3ヶ月のうち正月も終わってて、月に9日くらい休みがあるとして、前日の晩も混みにして2ヶ月で36日。ただ前日の晩、は仕事終わりだからそんなに時間は取れなくてまあ1/3日分、くらいとして。もう24日分、くらい?の計算?まあ1日どんくらいプレイするかは個人差ですが...
ほぼほぼ、いろんなチームを試せる状態じゃなくなってるなあ...最後はベストオブサガン鳥栖でやるしかないか。
 
...ベストサガン鳥栖って⭐4トーレスしかいないけど(笑)
 
 
 
 
作成日時:2022/01/08 18:09
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア