168

好きとか 嫌いとか 最初に言い出したのは 誰なのかしら

by
フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
 
いやもうね、昨日がアレからの今日休み、じゃないですか。
そーとー祝杯を(個人的に)上げまして。で、明けて今日。こいつはまたエドゥアルド使わなきゃね!!と、彼を組み込んだメンバーで朝駆けに行くわけです。
 
 
 
......
 
 
2試合連続でドロー。現実は残酷である(笑)
いちお、J全クラブのクラブマスター100位以内、(さすがに月間)を狙ってとゆー簡単なような面倒なような目標を掲げてやってて、あといちお外国選手のランクアップもやってると。
だもんで、パターンとしては
Jリーガーでスタメン組んで前半折り返し、その時点でヤバいようなら高レア外国人三人投入して勝ちにいく。
で、こないだまではレバンドフスキ、イリチッチ、エリクセンてあたりがバックアップメンバーで、卒業の都度入れ換える感じで。
 
しかしスーパーサブエリクセンがつええ。
 
あんだけスタミナがあってスーパーサブは無駄、なんて話も聞きましたが、そのスタミナで後半だけフル回転するんですよ、とんでもねえ(笑)ヘバる気配もありゃしないし、ついでにスーパーサブ補正まで付いてくるとなりゃねー...
そもそも、スーパーサブ⭐2の大橋だってそこそこ活躍できるんだから、これでレアリティ上がったらバケモンですわ(笑)
 
あっ、珍しくプレイの話とかしてる!(笑)
 
 
5連行っときましょ5連。
 
 

金枠からクアドラード。
 
 

スマホ鳴る!からのアケ。今日はドレッドの日かい?
あ、そいやヘンリク・ラーションは昔金髪ドレッドだったんですよ、ってどれくらいの人が信じるだろう(笑)
 
 
 
フェルナンジーニョ(ボケにくい)
 
 

坂、も言い尽くしたかな(笑)
 
 
 
赤文字、金枠!からのグラニュー糖ジャカ。 
 
 
あ、そうそう。
  
少し前、オンライントーナメント二回とあとフクさんとこのフレンドリーマッチに参加しましてね。
この3つ、それぞれレギュレーションが違ってて、それ故にいろいろ考えさせられることがありました。
 
まず、オンライントーナメント一回目。
 
完全フリー。コスト制限一切なし、サガン鳥栖選抜で挑み0-3で玉砕。相手さんは普通に強い選手で組んでました。
 
 
フクさんフレマ。
 
コスト1400、または白カード。5バック禁止。
二日間で8、9?試合やって半々よりちょい悪いかどうかあたり。
要は勝ったり負けたり。
 
 
オンライントーナメント二回目。
 
コスト、フォーメーションの制限はないが、使えるのはJリーガーのみ。トーナメントの一回戦は判定勝ち(スコア1-1、こちらの方が低コストだった)で突破、2回戦0-1で負け。こちらノーシュートだったが相手のシュートもその一点の分だけ、中盤の潰し合いに明け暮れる。
 
 
 
いえね、ひょっとして...数値が低い選手で試合やった方が盛り上がるんじゃない?
だいたい、コストで制限かけたってみんな前線に高コスト突っ込んで、サブで調整するだけですし。
あっそうそう、オンライントーナメントでちょっと笑ったのが、もうコストフリーなのにガチガチのスタメンの中、使われなかったサブに小泉入ってたことでしたね(笑)
 
だから制限も「総コスト」じゃなくて「最高レアリティ」にする。
そしたら最高レアリティ使える「無差別級」、以下「⭐6以下」「⭐5以下」...と「階級」別にした方が試合自体は面白くなったんじゃないのかな、とかふと考えました。で、こうすると下の階級で使いたいから、てんで「ランクアップしない」なんて戦術的選択も生じたりね。まあ今さらですが(笑)
 
いえね、他ゲームですけど
 
こやって対戦環境に腐心してるのを見ると。って去年か(笑)
ボンバーガールは藤崎詩織を手に入れて以来やってません(笑)
  
 
作成日時:2021/12/16 15:00
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア