731

おひさしぶりです😊

by
N-Ash
N-Ash
ここ最近はfootista熱がだいぶ冷めてきていまして、今日はプレイしに行こうかな→仕事疲れたし明日でいいか…
みたいな感じで徐々に足が遠のいてきています😓
まあ、キャンペーンのラノッキアが超いらん😑、というのが大きいですが、一昨日はひさしぶりにプレイしてきました。
カップ戦をしばらくやって勘を取り戻してから1試合だけランクマッチへ。

ウチのチームは、

ロシア代表です。ちなみにWCCFの時にモストボイが出てからずっと使っています。皇帝陛下カッコ良くて個人的に昔からファンなんですよね😊
左右対称のフォーメーションはfootistaでは人材不足で組み難いので、ウチでは珍しくFREEフォーメーションです。(ちなみに選手紹介にも書いてあるのにバシリ・ベレズツキにRB適性が無いのが一番の原因です。カードのデータすらろくに見ないで作られた引き継ぎカードの能力とか見ると開発のヤル気の無さがうかがえますね😓)

※ちなみに何故かイグナシェビッチの方にはサイドバック適性が付いています。資料間違えたのかも?🤔
スタメンは、
CF:ケルジャコフ
LW:チェリシェフ
RM:カルピン
OM:モストボイ 
CM:ジリアノフ、デニソフ
LB:シェンニコフ
CB:ベレズツキ兄弟、イグナシェビッチ
GK:アキンフェエフ
の変則的な4-4-2です。

ちなみにロシア代表っぽいユニにしたかったので、サブAimeを使いました😊

お相手のチームは、

ザ・デュエル!といった感じの中盤から前が全員スキルドリブルで固められたチームですね。両サイドのウイングが強力なので要注意です🤔

結果は、


1-0で勝てました😊
ひさしぶりの対人戦でヘタになってるかな?と思いましたが、なんとかいけました😅
とりあえず、どう見ても戦力的には大幅に劣っていて、正面からぶつかったら軽く捻られてしまうので、戦術でカバーするしかありません。
そこで試合前の相手チーム情報から相手監督さんはなかなかの上級者と見て、それを逆手に取った罠を張ることにしました。
まず、監督能力にクラブ ホットライン強化を入れました。
これはチーム構成的にモストボイとカルピンを動きやすくする為です。
次に試合開始と同時にLWのチェリシェフを左スミに天井ベタ置き、RMのカルピンをチェリシェフのすぐ後ろに移動して露骨な片攻めアピール。
そうすることでお相手の警戒心をサイドに向かわせます。
ダブルボランチを2人ともあえてCMに配置しているのも意味があります。
試合は開始直後からお相手の強力なドリブラー達が襲い掛かってきました。チームの動きを見る限りはどうやらネイマールとメッシが軸のようです🤔
こちらの守備は、最近気付いたんですが、守備者がボールホルダーに近付いた時に何もしないとそのまま即タックルに行ってかわされてしまいますが、ホットラインボタンだけ押しているとタックルに行かずディレイを掛けるような動きが出来るので、それを利用して常にディレイを掛けつつ、スイーパー役のA.ベレズツキがカバーに入ってからタックルを仕掛ける、というのを徹底してお相手の強力なドリブラー陣をまさに鉄のカーテンといった動きでことごとくストップしていきました。
相手スローインの際はいつもは何もせず、2点ぐらいは取られても取り返せば良い、という形であえて無抵抗にしていますが、このチームの攻撃力では2点ビハインドは死に等しいので、今回はスローインの度にDFラインを上げる通常対応を徹底。失点は絶対に防ぎます。
攻撃ではチェリシェフのテクニックとスピードでは正直効果が期待出来ずかなり厳しい片攻めをあえて見せてアピールしながらも、裏では皇帝モストボイを中心に中盤を細かく繋いだホットラインを駆使してちょくちょく後ろに戻しつつ、カンセロロールならぬシェンニコフロールを織り混ぜてお相手の守備にギャップが出来るのをひたすら待ちます。
前半は作戦が巧くハマり、お相手にチャンスらしいチャンスを作らせず0-0でハーフタイムに入りました。
後半はCFのケルジャコフを下げ、孤高のクラッキ、ファンタジスタとしてこのチームで私が最も信頼しているエースのアラン・ザゴエフをSSで投入。ゼロトップにしました。
お相手はそのままの形でした。
後半も同じ戦術で行きましたが、お相手もSランクで監督レベル99ということでやはり甘くは無く、ドリブルで押してくるスタイルにスルーパスを混ぜてきました😨
こうなるとディレイ戦術だけではDFラインの裏のスペースがスルーパスの格好の餌食になってしまいます。
しかし、そこには名手アキンフェエフが対応します。
アキンフェエフは跳び出しが速く足元も巧い最後方のリベロ。危ない場面もありましたが、DFラインの裏のスペースをしっかりカバーしていきます😆
そうしている内に、ついに左サイドのチェリシェフからボランチのジリアノフにボールを戻した時にクロスボールが来ると勘違いしたのか、右サイドへ流れたザゴエフに釣られる形で相手CBが中央をポッカリ空けてしまいました😲
すかさずジリアノフから中央へ走り込んでいたエースのモストボイへスルーパス一閃。
フリーで放ったモストボイの低い弾道の強烈なシュートはゴール右スミへ突き刺さり、ついに待望の先制ゴール!😆
ちなみにダブルボランチがCM配置だったのは、ひたすらこの形をイメージしていた為です。
DMだとこの奇襲は一歩間に合わないことが多いので、守備のバランスを取るのが難しいというリスクがあってもCMにする必要がありました🤔
ザゴエフの囮になる動き、ジリアノフの素晴らしいポジショニング、モストボイの絶妙な跳び出し。見事なチームワークの得点でした☺️
この後は、もう点を取るしかなくなったお相手の苛烈な攻撃が続きましたが、必死の守備で防ぎつつ、こちらもチェリシェフに代えてアルシャビンを投入して中盤を強化。アルシャビン、ザゴエフ、モストボイを中心とした華麗なパスワークで応戦。
何度か惜しいチャンスもありましたが、追加点は奪えないまま、苦しい時間が続きました😰
最後、スルーパスに抜け出されたネイマールにアキンフェエフの跳び出しが一歩間に合わずシュートを撃たれ万事休すかと思われましたが、少し遠かったこともあり、シュートはなんとか枠を逸れて試合終了。
どちらが勝ってもおかしくない良い試合でした😊


やっぱり対戦は楽しいですが、流行りの戦術以外は1試合の労力が半端ないので、数はこなせません😓
疲れたので1試合でやめました。
まあ、ひさしぶりにやったらやっぱり楽しいんですけどね😅


対戦していただいた監督さん、ありがとうございました☺️
また当たったらよろしくお願いします😊
更新日時:2021/12/16 14:38
(作成日時:2021/12/16 14:11)
カテゴリ
プレイ日記
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
N-Ash
N-Ash
2021年12月16日 15時8分

>フェルナンド・トーストさん
おひさしぶりです😊
容量がどうたら!って言われる時は私は周りを少し切り取って容量を減らして対応することが多いですね。

フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
2021年12月16日 16時19分

ご返答ありがとうございます。
やはりそれしかないかー...地道に消していきます。ありがとうございました。

N-Ash
GIANLUCA8WCCF
GIANLUCA8WCCF
2021年12月18日 14時58分

ベレ頭突き

N-Ash
コメントするにはログインが必要です
シェア