456

急にアディショナルタイムが来たので

by
るいこす
るいこす
運営が発表した当初の予定では第9回キャンペーンは12月開催だったのだが
ほんの少しだけ前倒しな11月30日からスタート。

この1日は特別な日だった。

そう

Jリーガーが印刷できる最終日である。


毎度毎度当たり前のように100ポイント要求してくるのは薄々予想できていたので印刷するカードはまだそれなりに残してあるのだが
ここで無駄遣いをしておけばさらなる温存をすることができる(本末転倒)


前回記事にしたドーハ風日本代表と同じくWCCF時代にやっていた



トルシエ風ジャパン。

もともとは松田選手の訃報を受け追悼チームとして彼とゆかりのある選手のカードを選抜し立ち上げたチームだったが
気に入って何回かチームを引き継ぎプレイをした。

このチームもたまにやりたくなるが今日(11月30日)を過ぎるとゲーム上では二度と触れなくなると思うと






印刷してしまった。


基本はWCCF当時の全カードから選抜したメンバーを継承しつつも
FOOTISTAに落とし込む際に発生したいくつかの問題点を是正するために少々弄った。

まず浮き彫りになったのはFOOTISTA変換するとTHP多すぎ問題。

基本スキル付きなWCCFキラカードを選んだのだが中田、俊輔、小野、森島はOMまで被りで名波はCM、稲本はDMながら
み~んなTHPという……
まぁ幸いにして明神さんがSHPなのでスキルコンボ使えて腐らないのだがそれにしても多すぎる。

なので今回は名波さんを召集外ということで印刷せず(すまぬ)

次にRB(RM)をできる人材がいなかったので加地さんを召集。

これで三都主加地のCROで両サイドから攻められるようになっていいかんじ。
ふたりともサイドバックサイドハーフ両方できてフォメの選択肢が増えるのもポイント高い。

あとゴン中山はドーハ組の方で使っているので差別化のため玉田を召集。

これで鈴木師匠と組んでデュエルも可能になり戦術の幅が広がる。


【メンバー表】
GK:川口能活(GKS)
CB:中澤佑二(PBL)
CB:松田直樹(PBL)
CB:宮本恒靖(PBL)
LM:三都主アレサンドロ(CRO)
RM:加地亮(CRO)
DM:明神智和(SHP)
DM:稲本潤一(THP)
OM:中田英寿(THP)
CF:鈴木隆行(DRI)
CF:柳沢敦

SUB
玉田圭司(DRI)
森島寛晃(THP)
中村俊輔(THP)
小野伸二(THP)
秋田豊



あとはサイドボードとしてこの人を用意。



DRI持ちを厚めにしたい場合に森島と入れ換えて起用する要員(THP過多があまりにも気になったので……)

玉田を印刷したからドラゴンボール2トップ揃えときたいと思ったのもある(笑)



これでプレイ代含め20ポイントぶんの印刷を第10回キャンペーンに温存できた。

そもそもラノッキア別にいらないから20ポイントだけやってパバール貰ってやめれば温存もクソもないんだけどね(笑)

ドーハ組の記事にも書いたけどお世話になった店に対するお布施ですお布施。


なお今回のは11月30日という日に発生した完全なるイレギュラーなので
12月になってから第9回キャンペーン開催時に本来するはずだったお布施は次回公開予定。


追記



パバール安定B怪我耐Cスタミナ70前半ぐらい覚悟してたけど程よく盛られてて嬉しい。
作成日時:2021/12/01 01:04
カテゴリ
Jレジェンド
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア