267

私に還りなさい 記憶を辿り 優しさと夢の 源へ

by
フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
別の方の投稿を見て思い出す。
 
あー、そういやオンライントーナメント、配信がどうとか言ってたよねえ...?
 
 
ヒィィィィィ!
アビオン、入ってるやん!昨日のあのモニター、店内に晒すだけやなかったんかーい!
 
恐る恐る検索。解説やら実況までいやがる!
ひでえ戦い方(まあ精一杯やったけど結果から逆算すれば、ねえ)をブッ叩かれてりしてねえかなあ...
 
 
(なんでしょうねこのメンバーの選択は)
(センスのカケラも感じられませんね)
(サガン鳥栖の名前なのに全然いませんね)
(いいとこない展開ですねー)
 
 
 
イァァァァァア!
さ、最低だ...

 
いちお、恐る恐る自分の2試合だけ見てみる。まあ、さすがにコキ下ろされることはなく(当たり前だ)、むしろ気ィ遣って貰っちゃってるなあ感さえ(笑)
 
ちょっと、軽く感想戦、というか今回のメンバーと作戦のコンセプト、語っちゃいましょう。大したことはしてないんですけど(そもそも勝ててねえし(笑)、選考の過程を言語化しておくことには多少の意義があるはず!と信じて(笑)
 
あ、こっから先はバカみたいに長い上にあまり意味がないんで無理して読むこたないですよ!!
 
  
 
 
 
 
 
 
そもそも、コレ配信でも言われたんですが「高いレアリティで固めている」。まあ、これは意図してそうしたので、むしろそう写らないと困るまであるんですが、おそらくは「あまり使われないチームや選手で固めてる変わり者が見たい」的な意図だろうなあ、とは想像します。全部の試合見た訳じゃないけど、そこそこ被るメンバー多かったし。でもねえ、鳥栖で固めた前回ボッコボコだったんで、多少は用心もしようかってもんです(笑)
 
で、その中でもレアリティ高い選手を選ぶ理由というのはもう、単に「レアリティが低いとほぼほぼ一試合スタミナが持たない」のが体感的に知れちゃってるからですな。一応⭐2で同ポジを前後半、てのは何度かやってみて、一定の効果はある...のはわかってはいるんですが、一試合で二人ともコンディションが良好とも限らないしケガも退場も有り得る、となると基本的にはスタメンすべて、一試合戦えて欲しい。交代は完全に戦術的に使いたい、てのがまず前提。
 
で、高レアリティ前提でやってみると、まあ川崎と神戸とマリノス、ばっかになるわけです(笑)ついでに去年の多めで。
はじめは前線ウイングありのスリートップにして三笘、小林(レダミ)、家長でええやん?と思ってて。三笘はイマイチなんだけど家長はエリアも広いし、ドリブル強いしで。家長は最後まで迷ってたんですが。ただ、自分があまりウイングを使いこなせてない、てのがまずあって。で、この時の想定は4-3-3で中盤は2CMの1DM、CMは憲剛とイニエスタ。
 
 
が。
 
 
二人ともスルーパス、ってのがどうにも。実際、触れば一発でゴール!なパスも出してくれますが、GKへの直パスも結構ある。それが二人はちと怖い、あと憲剛は意外と終盤ヘバることが多かったので、陣形自体を再考、スリートップを諦めた...と。
まあCFとSSでのスリートップ、もあったんですが、対戦相手は5バック、(ウイングありの)スリートップが多かろう、なら中盤でのボール回しで優位に立てやせんか?
と考えると、慣れた4-4-2のダイヤモンドかなあと。
で、こっからは各ポジションごとに。
GKは誰でもいいんだけど、数値的にも中村一択。CBはフェルマーレン、シマオ、谷口、犬飼、畠中、森重...ってあたりになってきます。二人選ぶならロンパス持ってる去年のフェルマは当確。相方をどうするか、で何度か試してみて、去年のシマオかなあと。ちなみに、どちらも今年のはスキルキャプテンシーでレアリティも落ちてるんで選外です(笑)
右サイドバックは岩田、内田、松田陸の中から。数値的には松田いいし内田も使ってみての安定感は高かったんですが、岩田はCBにも適正があるので選出。内田はRBしかないのがちょっとね...
左サイドバックはキャプテンシーあるしエリア広いしの高徳しか。
 
DM、当初は使いなれた齊藤未月を想定してたんですが、橋本がまあ完璧すぎて(笑)海外移籍もむべなるかな、って感じでした。一番早く固定したとこでしたね...
 
CM二枚は先にも述べたように憲剛、イニエスタを想定してたんですが憲剛が意外とヘバる。あとチャレンジングなパスも多いけどリスクも多い。せめて片方は安定してパスの受け渡しをして欲しい、ならショートパス持ちか。からの大島。矢島も試しましたがこちらは一試合持ってくれませんでしたね...
 
OM、当初は清武で考えてて、キャプテンシーあるしパス回してくれるかな...って期待あったんですが、これが存外ハマらない。なんか試合に入れてない、消えてる時間が多い。あの位置にいて攻撃に絡まないのは...で外し。次にチャナティップ。ディフェンス一枚抜いてくれたら大チャンス!が狙えるなあ、だったんですが、ドリブラーここに入れるとまあパスワーク止まりますな(当たり前だ)でもドリブル自体強いし、切り札にはしておきたい、ならサブの方が。ならスタメンどうする?でここ、一番長く考えてた気がする、てえか決めたの試合の日の朝駆けですからね(笑)
で一番いいとこあったなー、な長沢にしましたが、今朝森島試したらもっとよさげでねえ(笑)
 
CF、SSは当初小林とマルコス・ジュニオールで考えてました。小林、レアリティ高いけどよくも悪くもなんか自分で打たないんですよ(笑)シュートボタン押した瞬間横パス、てのが結構多かったんでこれならむしろ小林に当ててネクスト、みたいな感じで行けるのかな?と。で当てられなかったときのために切り込めるマルコス・ジュニオール、と。
 
ただ、レアリティ高いから一試合持つ、とはいうものの後半になると動きも落ちるしバックアップいないと困る、でもマルコス・ジュニオールと同等のバックアップとかおる?になってうーん。家長をここに...も考えましたが、家長入れるならRWで使わなきゃな、だし。
ていうか、試合通してのマネージメント考えた方がよくね?と思い至りまして。去年、「声優イレブン」(笑)で使ってたんですが、フォアチェックの選手をマンマークで相手DFに付けて、前半でそいつ下げて(去年は赤崎でした)、後半から武蔵とか伊藤翔とか入れる...ってやってたことを思い出し。これでやるか、そいやここのコメで柏ホットライン薦められたな、江坂フォアチェック持ちやん!
...で、オルンガ、江坂のツートップでスタート、中村とのレアなクラブホットライン発動させる。前半で点が取れればもうけもの、だけどダメでも江坂を食い付かせて多少DF削っとけば後半からのマルコスが仕事しやすくなる。ついでにチャナティップも投入してデュエルで効果上げる、と。削られたDFを替えてくるならそれはそれで相手の戦術的交代を阻害出来てるからヨシ、ってことで。
 
え?小林じゃなくてトーレスになってる?そりゃ、多少はサガン鳥栖っぽいとこ入れとかないとかなって(笑)
 
バックアップはトーレス、マルコス・ジュニオール、チャナティップ、白崎、宇賀神。トーレス以下3人は後半から投入の想定、白崎はさらに予備。宇賀神のとこはハラテルか古賀も考えたんですが、直前で好印象があった宇賀神入れました。
 
 
以上、オンライントーナメントを振り返ってお送りしました(笑)
 
更新日時:2021/11/28 21:56
(作成日時:2021/11/28 21:51)
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 2 )
ロペーニャ
ロペーニャ
2021年12月2日 22時58分

いやー観ました。今更ですが
布教してた中村→江坂→オルンガが採用されているじゃないですかー!
個人的にはOM江坂で見たかった気もしましたが…なんかいろいろ考えていますねー

フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
2021年12月2日 23時12分

その節はどうも。お教え頂きながらなかなかアレな試合展開になってしまって申し訳ないです(笑)
お話を聞く前に別のフクさんとこのフレンドリーマッチで「地方クラブの怨念」(笑)ってことで、江坂を草津代表として使ったとき、スキルフォアチェックてえとなんとなく攻撃はイマイチかなあ、なイメージに反して動きは軽快だしシュートもちゃんと枠行ってたしで、結構気に入ってたんですね。で、柏ラインならその江坂を生かせてパワーアップも出来る、ついでにフォアチェックだから相手DFを削る(まあ、スタミナ的に)も狙えるしなー、てんでスタートから使ってみた、という次第でして。
 
まあ、あんまプレイ経験が豊富なわけではないんで、いろいろ考えるしかないというか、考えるの好きですしねー(笑)

ロペーニャ
コメントするにはログインが必要です
シェア