820

選手の種類と序盤のカードの少なさ

by
SEKKY
SEKKY
FootistaとWCCFでの大きな違いが、
序盤のカードの少なさに影響してます。
WCCFの「白黒カード」の存在です。
この白黒のおかげで、キラが出なくても好きな選手でチームが組めました。

しかしFootistaでは、各弾2~3数名ずつ増えて行きます。
レアクラブホットラインが大半のクラブで、1年の内の半分位の期間でコンボと一緒に使えないのもこのせいです。(ここが一番の不平等です)場合によってはホットラインの終点も居ない状態です。

①来年こそは開幕で各チーム、最初に16人出しましょう!

②無駄なカード排出する「ランクアップ」を廃止しましょう。
(破って筐体に捨ててあるカード見ると切なくなります。あと、リサイクルボックスに突っ込んであるランクアップ済みで使えなくなった未ランクアップカードとか。)

③追加弾で、ランクアップの代わりに、レアリティを★1~2段階上げた選手を何人かずつ出しましょう。
開幕と追加弾、両方のスカウトにメリットを出す為に、★の数に合ったコストにしましょう。
例。(★3コスト100→★4コスト110で登場)
(※ランクアップでは無く、別のカード扱いで)
活躍著しい選手は2段階アップ!
(★1コスト80→★3コスト100で登場)
現状のランクアップ制では、★1段階上がるのにコストそのままなので、未ランクアップを使う意味がないし価値も無い。ランクアップ後は使う事すら出来ない。

今のfootistaって、
最初に聞いたのは「オンデマンド印刷を活かしたスカウトシステム」だったと思いますが、
現状は「1年分の排出カードを分割し小出しにしてるだけ」です。
ランクアップシステムで、印刷枚数1を2にしても、選手数は1のままなんです。
作成日時:2021/05/12 13:01
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア