ドイツ・フランス・オランダのクラブも参戦して
欧州7ヵ国に拡大した、WCCF05-06。

そして4つ目となる監督のスターターパックがこちらです



右SBがいなかったので、中盤のビジガウをコンバート。
左WGのルケが縦への突破とクロスで多くの得点に貢献してくれました。

3任期目で使ったLMのロテンが物凄いアーリークロスを連発して
対戦相手の監督さんから「すごいクロスですね」と、しばしば声をかけていただいた記憶。

それと、時系列は前後しますが
私自身がWTを制覇できたのは2チームのみで・・・
初制覇は10-11シーズンの5任期目になりますが
もう1つが、この05-06の15任期目のこちらのチームです ↓



当初の構想はLMにキューウェル、RMにロッベンの4-4-2でしたが
RMのロッベンが全く機能せず、後にLMに変えて、キューウェルをトップ下
オーウェンをRWぎみの、ラーションの1トップのような形に落ち着きました。
それにグリゲラのCBがイマイチだったのでエジミウソンとコンバート。

(このゲームでは左利きの右サイド配置はなかなか機能しないですよね?
 何かいい方法はありませんか?)

今でこそFOOTISTAのフォーメーションに「FREE」ができましたが
自分は意外と左右非対称なフォーメーションをよく使っていました。

リアルでCL制覇がサッカー選手の夢であるように
WCCFのWTはそんな熱いモチベーションがありました。

とはいえ、こんなシーズンしばりで、なるべく全選手(全カード)を使いたいという
頑固なこだわりでチームを組んでいたので、よくこんなチームでWTを制覇できたなと。。


05-06は新たな解釈で「LE」の復活でしたね!
そうそうたる選手が全盛期の能力で「LE化」
これも熱かったですね!

個人的にはそのクラブを象徴するような「BAN」のカードデザインも好きでしたね。
友人は「01-02の初代BEがシンプルだし歴代で一番カッコイイ」と言っていますが。

そして降臨した「YGSのメッシ」。。。


リュングベリ、ダフ、G・ネビル、マカーイ、ジラルディーノ
マルケス、ダイスラー、それからソラーリはスター軍団のレアル・マドリードでも意外とLE化して欲しいカードですよね!
ぜひ。。。

 
更新日時:2021/05/03 18:22
(作成日時:2021/05/03 18:10)
コメント( 6 )
6件のコメントを全て表示する
アレッサンドロ
アレッサンドロ
5月4日 12時48分

ガリガリ=ガリクソンさん、コメントありがとうございます。
ルケは白でしたが強かったですよね!
確かにドログバは猛威をふるっていました。
この頃、wccfに出会ったんですね!
自己満足のような過去の振り返りの投稿ですが
読んでくださって、ありがとうございます。
きっとその記憶はいつまでも忘れなそうですね。

かつんこ
とくさん
かつんこ
かつんこ
5月4日 15時29分

05-06当時のネットワーク対戦では、フォーメーションが7-0-3や6-1-3でしたね。リアルサッカーとはかけ離れていましたが、これはこれで楽しめました。
あと選手とのコミュニケーションでの面白選択が好きでした。たまに「抱きしめる」で絶好調になったりとか。

とくさん
アレッサンドロ
アレッサンドロ
アレッサンドロ
5月4日 19時54分

かつんこさん、コメントありがとうございます。
そのリアルサッカーとはかけ離れたフォーメーション対策として考えられたのが
「FOOTISTA」の仕様ですよね、きっと。
でもちょっとポジション位置が縛られ過ぎている感じはしてしまいました。
コミュニケーションの「抱きしめる」などありましたね!
忘れていました。懐かしいですね!

かつんこ
とくさん
コメントするにはログインが必要です
シェア