906

おや、まだ誰も触れていない

by
フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
まあ「フッティスタ」ネタではない、と言えばないんですが...
 
皆さん的にはどうです?例の「スーパーリーグ」ってヤツ。
作成日時:2021/04/20 17:33
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 28 )
28件のコメントを全て表示する
セレブリャコーフ CBF#5
セレブリャコーフ CBF#5
4月25日 18時9分

どちら側に立つにせよ、どちらもエゴですしねぇ...
利権抗争である事は明らかですが、よりサポーターや地域、資本等さまざまな弱小クラブ側に立ったFIFA、UEFAを思うところはあっても支持する(せざるを得ない)構図なのは確かかと...
ESL構想側は、アメリカ式プロスポーツビジネスにしてクローズ(日本で言えばプロ野球)で開催したいが本音でしょうが、数クラブ招待することで反感を避けたかったんでしょう。ただビジネスとなる前に文化として根付いた環境を甘く見たのは、大失態ですね。
恐らくアメリカW杯で成功して、認知された事でアメリカ資本がターゲットたり得ると食指を動かしたあたりから水面下で抗争していたのでしょうけれど、詰めが甘い結果に...
どのスポーツもプロ化、商業化が進んでいる現状、いかにして生存するかはJリーグでも重要課題ですよね。
資本力のあるスポンサーを取り込めるか。
地域密着で市民の支持を味方にして行くか。
育成クラブに特化して、移籍転売で行くか。
他にもいろいろな事を組み合わせて生き残っていくしか無いですが、おっしゃる通りアスリートファースト、サポーターが安心して応援できる環境を整えて行って欲しいですね。

フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
4月25日 20時6分

はじめて「コメント長すぎ」のメッセージ見た(笑)
 
ですねえ、クローズドリーグなら降格もないしCLみたいに進出できなくて収入に打撃、などの不確定要素(経営上の)を無視できる、っていう魅力があるのはまあ、理屈としてはわかるんですが。
クローズドであることがそもそもの魅力を削いじゃうよなあ、ってのが多分にあって。もともとクローズドだったのをオープンにするんならともかく、一度開いたらもう閉じた世界には戻れないーと思うんですよね。
でもやっぱ、チャップリンも言ったように「少しのお金」ってのは人生に必要なものでもあって。お金がすべてではないにしても、無視できるものでもない。
で、この期にいっそアメスポっぽい別スポーツ立ち上げたら?とかはちょっと妄想しました(笑)
サッカー史においてラグビーとの枝分かれがあったように、「よりアメリカナイズされた、サッカーっぽい別スポーツ」作って、そっちを頑張って盛り上げてもらえばいいーって考え方ですね。半分ネタというか思考実験ではあるんですが(笑)
そもそも、SLって審判どうするつもりなん?てのはかねがね思っていて。審判のライセンスは各国サッカー協会で認定してるはずで、「一国一協会」の原則がFIFAで定められている以上、審判個々に
「SL裁いたら資格停止するぞ」
な脅しを入れやすいのではなかろうか?
SL側としては大枚叩いて引き抜きもアリですが、試合運営を考えるとVARとかその他一定の技術職も必要になってくるわけで、
「選手さえいれば試合できる」
なんてことはまずあり得ないのではないか。
ならばいっそ、サッカーとは別フォーマットだよ、な逃げ道を作りつつサッカーと親和性の高い、要はサッカー選手が「サッカーじゃなくてこっちをやろう」と思えるようなスポーツを立ち上げるとか。
少なくとも選手の皆さんには給与未払いがまかり通るような国にはあんま行って欲しくないですし(笑)
 

セレブリャコーフ CBF#5
セレブリャコーフ CBF#5
セレブリャコーフ CBF#5
4月26日 6時26分

長々と申し訳ないです(笑)

こうやってやり取りするだけでもESL構想の杜撰さが突っ込みどころ満載で書き始めたら、止まらなくなりますね(笑)

フェルナンド・トースト
コメントするにはログインが必要です
シェア