934

弱者の兵法

by
N-Ash
N-Ash
昨日は仕事が休みだったので、朝から夕方まで一日中ランクマッチやり続けました😊
午前中はこの前使った3-4-3のミランでそこそこ良い感じで勝てたので、

途中からサブの横浜FCとヴェルディに3〜5人助っ人入れたチームでやっていたんですが、やはりAランク以上のガチチームに当たるとマトモな勝負にするのも難しい…

そこで午後は弱者でも強者に勝てる戦術を模索することにしました🤔

最近はウチもガチではインテルデュエルを使っているんですが、サブで遊んでいるヴェルディや横浜FC、エバートンなんかでやる場合、インテルデュエルのような贅沢品は当然ありません。
そこで好きなチーム使って勝てる戦術を見出そうと昨日はスキルコンボ無しで勝てる方法を探ることにしました。

試合数が多すぎていつもみたいに1つずつ試合内容は覚えていないので、今回は昨日使っていたチームだけ紹介します。


最初に使ったのはヴェルディに5人補強した、

このチームをミランで使っている3-4-3Hに当てはめてみました。
このフォーメーションだとそれほど戦力が充実していないミランでも普通にランクマッチ戦えているので、とりあえずこの型を採用し、ホットラインは柱谷→北澤→ラモスのヴェルディホットラインにしてみました。
試合中はこちらがボールを持ったら常にラモスさんをボール保持者の近くに移動して相手守備に当たられそうになったらラモスさんに渡して相手守備がラモスさんの方に寄ってきたらラモスさんが勝手に近くの味方にパスを出してくれる場合が多いので基本AI任せでパス狙い。出さなかったらドリブル突破を狙うという形で行きました。
例えば、LWのカズさんがボールを持ったらCFの高木との間にラモスさんが入る形です。
この形は結構良い感じでAランクの監督さんと当たっても1-1とか2-2のドローまで持っていくことが出来ました☺️
ラモスさんが思いの外突破が狙えて、尚且つ近くの選手にショートパスも頻繁に出してくれるので、この戦力でも相手守備を崩すことが出来ました。
適性ポジションではないので後半途中でガス欠になってしまいますが、交代で投入した平野でも同じように戦えました。
ていうか、ラモスさんと違ってヴェルディホットラインも無いのに平野が意外に強かったです😅
守備はほとんどファン・ダイク1人で守っているような状態だったので褒められたものではないですが、とりあえず点が取れれば勝ち筋も見えます。

この戦術なら行けそうだと思ったので、次は午前中にも使っていた、

ミランでドンナルンマ→ケシエ→テオ、のような繋ぎでやってみました。
ヴェルディの時と同じようにボールホルダーの近くにテオを移動する形です。
テオでもラモスさんと同様に味方を使い、味方に使わせる形が良い感じで出来たので普通に戦えました。

しかし、テオがバテると代わりに入る選手では上手く行かず。それ以外にも判断をミスってチャンスを潰してしまったり、結局守備力の差でゴリ押されてしまうという問題もあったので、途中から戦力を補強、

試しに使ってみたら同じことをカカでも狙えたのでカカを投入して、ついでに弱点の守備力も強化しました。
相変わらず判断ミスでシュートが撃てない試合などもありましたが、このチームでは有名監督さんのチームとも2-2で引き分けたりと、かなり戦える可能性のあるチームになりました。

次に使ったチームは、

マンチェスターユナイテッドです。
同じくスキルコンボは敢えて使わずにデ・ヘア→スコールズ→ギグス、のような繋ぎで行きました。
ギグスと香川は今回の戦術に適した動きをしてくれましたが、LWのテレスとCFのファン・ペルシーとチチャリートがイマイチだったのであまり機能しませんでした。
守備陣が3バック向きの動きをしてくれなかったのもあり、全然勝てませんでした。
ギグスが絡んだ得点はfootistaとは思えないほど選手同士が連動して動いた良い形だったのでメンバー次第では良さそうな感じでした。

次は、

浦和+助っ人4人のチームにしました。
このチームはカカを終点にしたホットラインが強かったですね。そもそも左サイドからカットインするだけでガンガンシュートチャンスが作れる上に興梠にスルーパス出したり、サイドを駆け上がってきたロベカルに渡してクロス上げさせたりカカの独壇場でした。何故か普通にSSとかOMで使うより全然良かったです☺️
守備陣もユナイテッドより全然固かったですね。特に岩波は守備も良いけど相変わらずロングパスがかなり良いところに飛ぶので普通に大活躍でした。槙野はスタミナが保たないので終盤は阿部をCBに下げたり操作が忙しくなりますが、ランクマッチやっても普通に楽しいチームでした😊
唯一の誤算は興梠がバテたら投入していたシェフチェンコですね。ゴール正面ペナルティエリア内フリーでシュート撃ってもやたら枠外に外す、パスの受け方も下手、と興梠の方が全然強かったです😓

最後に使ったのは、

イブラさんが昔所属していた頃のミランっぽいチームにしました。
このチームはハッキリ言って全くダメでした。
ほとんどの試合でシュート0本。
ドリブル突破が狙えるほど強い選手はいないのに、何故かみんな自分で持ち込みたがるので他で使えた戦術が全く機能しませんでした。
守備は固いのでほとんどの試合が超塩試合。こちらシュート0本でウノゼロ負けばっかり。
すごいストレスが溜まりました😣


最後に使ったチームでめちゃくちゃイラッときたので、帰る前に1試合だけストレス発散でインテルデュエルだー!と思って適当にカード並べてやったら、某アンバサダーの監督さんと当たりました😅




あちらは5-3-2Cサイドアタックだったので、今主流の戦術同士のぶつかり合いでしたが、3-2で勝てました😊
クリロナさんのクロスから先制された後、こちらがラウタロのドリブル突破で同点。クリロナさんのクロスからさらに取られて再度突き放されるものの、そこからロベカルのロングFKのクロスにイブラさんが頭で合わせて同点。さらに試合終了間際にイブラさんがCB2人かわして逆転ゴール、と普通に良い試合でストレスも完全に発散出来て満足して帰りました😆
キャプテンシーがいないと思って登録時間切れ直前に慌ててGKハンダノビッチからドンナルンマに入れ替えてたのでインテルデュエルになっていないことに帰ってから気がつきましたが…😅
ただのデュエルでも強かったですね😓
※ちなみにアンバサダーさんがYouTubeで試合配信されていました。(5:02:50辺り)



結局、一日中やった結果、強カード並べて何も考えずにデュエルが1番ストレス無くて強いよね、という身も蓋も無い結論になりました😅
まあ、この日使っていた戦術も上手く行った試合では普通にAやSランクの主流の戦術とも戦えていましたが、判断が難しい上に疲れるので絶対流行りません😓
とりあえず、守備はCBに最低1人はワールドクラスの選手がいないと厳しい。攻撃は球離れが良くて1人かわせる程度のドリブル技術を持っている選手がいればなんとかなる、という感じです。
浦和は守備はCBにギドさん入れて攻撃は福田さんか単純に戦術にマッチしそうなバインさん辺りに入ってもらえればチーム縛りでもなんとかなるかも?🤔


対戦していただいた監督さん、ありがとうございました☺️
また当たったらよろしくお願いします😊





 
更新日時:2021/04/17 09:43
(作成日時:2021/04/16 21:33)
カテゴリ
プレイ日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア