351

2021年4月10日 プレイ日記

by
ナッツ
ナッツ
本日はランクマッチを10試合ほどプレイしてきました。
結果は3勝4敗3分でCPは1176から1231までしか伸びませんでした(><)

詳細ですが、開始からは下記のチームでプレイしました。


マルキーニョスからレアクラブホットラインを繋いだチームです。
4バックのコスト80GKでも思いの外守れるんだなというのが分かっただけでも進歩したかなとは思っています。
攻撃に関してはネイマール→ムバッペで繋ぐと、終点のムバッペが下がってボールを受けるので途中からはムバッペ→ネイマールで繋いでいました。
後半からはメッシとロナウドを入れたバルサデュエル+クラブホットラインにしました。悪い意味で予想を裏切られ、ロナウドがなかなか活躍しないという結果になりました。ボールを持っても加速する前にプレスを受けて奪取されるので、なかなか抜ける機会というのが少なかったように感じました。

途中からは下記のチームでやってみました。

前半は変わらず、後半をドルトムントのクラブホットラインにしてみました。ロイスが以前使った時になかなか良かったので、CFにロイス、SSにアザールを配置しました。以前使った時とはうってかわり、なかなか突破が出来ないロイス。このラインもPSGライン同様、終点が下がってくるので、なかなか最前線で受ける動きが少なかったように感じました。


後半をドルトムントのレアクラブホットラインにし、システム自体もワイドにしてみました。
ワイドの位置には突破を狙うためにドリブル持ちのチェンバレンとハキミを置きました。
両ワイドは突破してもなかなかボールを離さない場面があり、そこからロストしていくことが多くありました。ハーランド、アザールラインも、終点のハーランドよりアザールの方が攻撃意識が高いので、ハーランドがやや低い位置で受けることがありました。ハーランド自体のドリブル数値も高い訳では無いので、なかなかそこから突破が出来ない状態でした。


本日10試合プレイしてみて、カード移動よりも選手選考の部分から先ずは考え直す必要があると感じました。
攻撃のキーになるツートップの攻撃意識と守備意識をしっかり把握しないことには、ホットラインを設定した時に動きが違ったり、終点と二番手の位置が異なったりすることがあるというのを改めて理解しました。
2ヶ月間、ムバッペを使いたいというだけでずっとチームを組んでましたが、組むなら組むでムバッペをどうやって最前線に張り付かせるかを意識したチームを作る必要も出てきました。

明日もプレイする予定ですが、今からもう一度チームを再編成してみようかと思います。

本日は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございます。
また次回も読んで下さると幸いです。

それでは>ω</

_
作成日時:2021/04/10 16:56
カテゴリ
プレイ日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア