365

2021年4月3日 プレイ日記

by
ナッツ
ナッツ
本日は10試合ほどランクマッチをプレイしてきました。

結果は3勝5敗2分でCPも1054から1106までしか上昇しませんでした。

先ず、2試合は下記の画像のチームでプレイしました。


F19の最初の頃にやっていたカウンターアタックを再現してみようと思い組んでみました。
あの頃はカウンターアタックでスピードある選手で抜け出せば大体得点が出来ていました。今となっては攻撃の幅が狭いだけの戦術にしかなってないように感じたので、2試合でやめにしました。

折角第3弾で欲しかったネイマールを頂いたので、何か活かせるシステムはないかと考えた結果、下記のチームに辿り着きました。


とある有名監督さんがやられているシステムにPSGのレアクラブホットラインを組み込んでみました。
やってみた結果としては、ネイマールが思いの外ドリブルで抜けなかったり、コスト80のCMFにボールが渡るとこねるだけでなかなか前に進まなかったりと攻撃がだいぶ停滞することが多くありました。
マネはドリブルで抜けたのに・・・・スピードの差があるのかなと分析はしています。
守備はデュエルを主体とするようなチームを相手にすると抜かれますが、それ以外だと概ね守れている感じでした。それでも1失点は大体の試合でしてしまっています。

最後の試合だけ思い切って攻撃的に変えてみました。


ライーからのスルーパスを期待しましたが、特にそんなパスが出ることも無く終わりました(><)

本日の結果をトータルでまとめますと、戦術に関しては結局自分の色がなく、誰かがやっていたものを真似ているだけなので通用しなかったり、アドリブに弱いといったものになりました。経験値不足が手痛くありますが、自分なりの戦術を最初から考えてみて、それをどの選手を組み合わせてやっていくのか考えていかないといけないと痛感しました。

また、戦術に色がないのでフィニッシュまで持っていくのにだいぶ難儀している状態です。ここも自分の戦術を組んだ上で攻撃のルートをしっかり定めていく必要があります。

シュートに関してはなかなか入らないので、駆け引きであったり、安定して得点できるパターンを見つけていかないといけないです。

守備はデュエル対策をどうするかですが、全員が全員デュエルでやってくる訳でもないので、柔軟な対応をしていかないとです。あとは失点の多くがセットプレーからだったので、ラインの上げ下げやプレスボタンのタイミングなどきをつけていきたいです。
負けっぱなしの監督が言っても説得力がないかと思いますが、本日起用したテア・シュテーゲンがめちゃくちゃ良いです。しっかり飛び出して止めてくれますし、その後の戻りもしっかりしているので、リバウンドからのゴールがなかった・・・・はずです。テア・シュテーゲン出なかったら防げなかったんじゃないかという場面も多々ありました。安定度がBなのとノイアー、ハンダノビッチ、アリソンと比較すると背が低いのが少し気になるくらいです。

他の人のプレイ動画を見たり、現状の格差マッチを利用して勉強していくのも成長するための手段になります。ですが、多くの監督さんが自分で考えた戦術を長い時間かけて研究してS帯やランカーまで上り詰めていると思います。自分もそれを見習って戦術の研究をしていきます。

一先ずは、ムバッペとネイマールを使いたいので、この二人を使った戦術で色々と考えたり挑戦したりしてみます。

本日は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございます。
また次回も読んで下さると幸いです。

それでは>ω</

_
作成日時:2021/04/03 21:49
カテゴリ
プレイ日記
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア