451

「カンナバーロ vs ダイク vs ラモス

by
nakute_nanaxuxi
nakute_nanaxuxi
CB島大決戦! 2022冬公開(嘘)」と怪獣モノみたいな見出しを付けましたが20年目特別企画としてバロンドーラーであるカンナバーロがフレンドミッションで貰えるようになりました。凄い!有難う!
※特別企画ってくらいだからペレとかクライフとかファン・バステンとかディ・ステファノを期待してたのにとは言いません。

ソシャゲでもフレンド申請ボタンを押せない自分にとってフレンドミッションはベルリンの壁の如し…と諦めていましたがノーフレンドでもノルマをクリアすればポイントを貰えます。
なので申請拒否(放置)されたら…という過去のトラウマを引きずっている私の様な人間でも大丈夫!

※自分で言ってて少し悲しい


~ここから先は使用感ではなく数値を見ただけで話をしています~

で気になる数値ですが高い(ジャンプ力98)&速い(敏捷性89)ってのが最大の特徴かと思います。
※あくまでも数字の話。
ひとつ気になる点がありますがこれは後述。

同じコスト130でPBL持ちのファン・ダイク(ver20-1)と比べると。

全体的に少しファン・ダイクの方が上回っています。ただCBに求められるであろう部分(ディフェンス+パワー)では決定的な差はついてません。
売りであるジャンプ力ではカンナバーロが勝っていますが、フィジカルではファン・ダイクが同数値上回っている事から戦術のトレンドで決めても良いのかもしれません。
例:クロスが流行ってるならカンナバーロで弾き返すetc...


お次はセルヒオ・ラモス(ver21-3)との比較


数値合計では圧倒的な差がついているように見えますがCBとは関係ないところで差がついているだけなので気にしなくて良さそうです。

※視野については安易に蹴りださない調整が施された事から全くの無意味とは言えないかもです。

僅かではありますが攻撃意識はカンナバーロの方が上回ってるのが面白いです。
※余談ですがセルヒオ・ラモス(ver21-3)を使ってみた感じですが前線に躍り出る事は余り無かったです。安心して任せられます(私個人の使用感)。

で、結局のところどうなんだろうという話なんですが
・コスト130並の能力はちゃんとある。
・ジャンプ力と敏捷性と言う明確な強みがある。
・既にコスト130のCBを所持しているのであればRUさせるための手間(経験値やG)をかけてまでかと言うと微妙
・逆に言うと本当に始めたばかりの人でショップとかガチャでダイクやラモスを追ってる人には嬉しいスタメン候補。
・ユベントスがマイチームの人は言わずもがな。
と言うところでしょうか。


最後になりましたが【ひとつ気になる点】について。

守備的ポジションのコスト130でモチベーションBはなぁ…
※皇帝と闘将の視線を感じる。

あとクロスが流行ってるならカンナバーロで弾き返すって書いたけども、そもそもDFがクロスを弾き返すシーンってあまり見た事ねぇなぁ。

敏捷性が89あるのでロベカル(敏捷性90)みたいに抜かれても直ぐに追いついてくれそうで良いじゃん!って思ったけどCBが抜かれた先に待っているのはゴールだからなぁ。

でも好きな選手(ここ重要)だし、3バックにしてダイク、ラモスと3人並べるのは面白そうです。
3バックの左右なら抜かれても追いつく余裕が生まれそうな気もする。

※ついで言うと3バックを使用して勝利するというのがミッションに入ってます。
更新日時:2021/03/31 19:36
(作成日時:2021/03/31 19:31)
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア