334

リハビリその2

by
1408wccf
1408wccf
思い出しながらの使用感。
ちょくちょくサイト見てたりするから気付いてなかったけど1ヶ月以上フッティスタしてない。
そういえば、WCCFしなくなった時もこうやってプレイせずそのまま…って感じだったなw



ザガドゥ(CB、左SB)
初スカウトで加入してくれたので即加入&起用。
3バック左で起用の際は相手のサイド攻撃に対して引っ張られるのかスタミナの減りが早く感じたものの、4バックの中央であれば心配するほどではない。
SB起用時の攻撃と守備は8:2程度で、攻撃には期待せず守備のみの選手が欲しい方であれば起用してもいいんではないでしょうか。
圧倒的な守備力の選手と言うわけではないですが物足りなさを感じることもなく、身体能力を生かした守備と言う印象。
気になる選手として起用してみるのであれば十分な活躍。

ダンブロジーオ(右SB、左SB、CB)
攻撃と守備は4:6程度のイメージ。
攻撃時にはそれほど高い位置を取らないからか、中盤で繋いでいる際にはサポートで顔を出してくれてました。
ボールを奪っても持ち上がらず、味方に預けてフリーランニングという事の方が多かったです。
守備時にはサイドの相手選手に対して追いかける状況よりも、ポジショニングの良さからか相手と正対している方が多い印象。
裏を取られても追い付いたりしてたのでスピードもあり、守備の綻びは特に感じられず。
CBでもしっかり守ってくれて、ユーティリティな所を見せてくれた。

クルザワ (左SB、左SH)
攻撃と守備は5:5程度のイメージ。
攻撃時には中盤に預けるよりも自分で持ち上がり、上がりきるまでに中にパスするか、上がってクロスよりも切り込む姿をよく見ました。
左SHでの起用時もSBの時と同じような動きでした。同じ選手なので同じ動きと言うのはその通りでしょうが、高い位置であればもう少し攻撃重視な動きを見たかった。WGなら違ったかな?
守備ではスピードを生かしてサっと追い付いて、タイミングよくグイっと奪って、ギュンっと攻撃に切り替えといった感じで、上手く表現出来なかったので擬音で表現してみましたが余計に伝わらないか…。
攻守共に顔を出してくれ、バランスの取れたSB。
作成日時:2021/03/06 10:45
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア