404

守備のセオリー

by
mci-d17
mci-d17
今回は守備時に監督の皆さんがDFのポジショニングをどのようにしているのか?
「守備のセオリー」について気になったので、確認させていただけたらと思い、投稿します。※4バックをベースとしています。

現在主流のサイドアタックで攻められる場合、
相手の攻撃を止めるために何段階も対策を打ちますよね!
右サイドから攻められると仮定すると、①②③の3段階で対応(コスト120くらいなら大抵止めれますよね)、クリロナ、メッシのような超人には④を使って、4段階で対応する必要があります。(2回目の投稿時にN-Ashさんにコメントいただき、学びました。)

LBをギリギリまで中に絞り、DFラインを攻められているサイドから左下がりにラインを保つようにしています。左CBはフィニッシャーに対応できる位置、右CBは②が突破されてもカバーできつつ、相手フィニッシャーが2枚いるなら、その1枚にも対応できる位置かなと思います。③が間に合わないと感じた瞬間、GKを出し、クロスカットを狙うという順番でしょうか。
という風に書かせていただきましたが、もっとこうした方が良いのでは?等、細かいポジショニングについてご教授いただけたら、嬉しいです。

地蔵でも守れる、フラットのままで十分と言われたら、そこまでですが、私はこう考えてポジショニングをとっている!という方が楽しいかなと思いまして。笑

よく見かけるのはセットプレーの際にDFラインごと上下させている監督がいますが、あれはどういう効果、意図があるのでしょうか?気になっています!

中央攻めに対しても書けたらなと思います。
読んでいただき、ありがとうございました。
更新日時:2021/02/16 07:08
(作成日時:2021/02/15 22:11)
コメント( 4 )
4件のコメントを全て表示する
mci-d17
mci-d17
2月17日 8時11分

よろしく犬ドッグさん、コメントいただきありがとうございます。
やはり操作技術は大事ですよね。
向かい風があることを初めて知りました。勉強になります。
バランスを取るのはわかりますが、規則制を感じてしまうのは良くないですね...
改善に期待ですね!

よろしく犬ドッグ
N-Ash
N-Ash
2月17日 15時22分

お疲れ様です😊
よく考えられていると思います☺️
執拗なサイド攻撃を地蔵で守れるという監督さんがいるとすれば、最初からサイド守備に特化したチームを作るしか無い気がしますね🤔
しかし、それだと中央の強度が不安になり、さらに攻撃の形を作るのが難しくなるので、それを解消する為には5バックで中央の守備も解決しつつ、攻撃に関してはかけられる枚数が少ない、引き出しが少ない、という問題をFWのカード操作を上手く使って補っていくスタイルになるかと思います。
まあ、その場合、守備は流れに任せて攻撃のカード操作に集中、というスタイルになるので厳密には地蔵では無いでしょうね🤔
一応、5-3-2Iでインテルかバルサ辺りのデュエルを組み込む形なら完全な地蔵も可能かとは思います。

よろしく犬ドッグ
mci-d17
mci-d17
mci-d17
2月18日 12時36分

N-Ashさん、コメントいただきありがとうございます。
自分の考えについて、共感していただき、嬉しいです!
確かに5バックはそのような形になりそうですね。ホットライン引き直しが無くなってから、5-3-2Iにも驚異を感じなくなりましたね。
4バックで守りつつ、攻撃人数をかけながら、多くのアイデアを持って攻めたいと思います!

N-Ash
コメントするにはログインが必要です
シェア