404

フッティスタのハナシしねえ、しねえって言ってたけどとうとうここまで来たか(笑)

by
フェルナンド・トースト
フェルナンド・トースト
ちょっとさっきの投稿に関連して。もう、ホントフッティスタ関係ないんで、興味ないなー、と思われた方はここで回れ右。また別の投稿でお会いしましょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こら!まだ未練たらしく見てんじゃない!ホントにフッティスタ関係ないんだからね!?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて…もういいかな。とりあえずザッと風呂入りながら考えたこと。
まず手札と場に出す札を合わせて11枚。場に出す分は最低でもキーパーが一枚、あとはDFを好みに応じて。状況によって攻め上がることがあり得ますが、基本場に出されたDFカードはゴールを守るのがお仕事。キーパーはほぼ飾り…なんだけど、もし置いてなかったらシュート全部無条件で入ります(笑)
だから、例えばキーパー(これは必ず一枚)、DFを3人置いたとすると、手札は11-4で7枚。攻撃のプレイヤーはこの7枚を使って攻撃をする。
カードには「プレイヤー」と「プレイ(戦術)」の2種類があって、これを組み合わせて攻撃を構築する、と。
すげえ数値の選手だと一人でDFボコボコ抜き去ってゴール、も出来るけどそんな数値のプレイヤーは作らないので(笑)、プレイヤーとプレイを組み合わせてDFを突破(場から除去)していき、キーパーだけになったら「シュート」をチャレンジできる。結果はサイコロか山札をめくるか…いや、カードだけで済ませた方がシンプルだからカードをめくることで判定。シュートを打った選手の攻撃値、あるいはキーパーの防御値に応じて補正が入ることもあり。
例えばめくったカードに
「攻撃値〇〇以上なら無条件でゴール」
だとか。
ちなみに、「ファインセーブ」や「スーパーゴール」なんかは数値関係なく止めたり入ったり、なんでメッシといえども止められる可能性があるし鈴木武蔵でさえ決まったりすることもあるんでシュートは打ちましょう(悪意?)
んでシュートが決まるか止められるか、あるいは攻め手がないんでどうしようもない(攻めるカードが手元にない)場合ターンエンド、相手ボールでスタート…みたいなイメージ。
一人でボコボコ抜けない、てなことを書いたけどじゃどう抜くか?てのは次回以降。
 
 
ほらね、フッティスタ関係なかったでしょ(威張るな)
更新日時:2020/11/22 06:12
(作成日時:2020/11/22 00:13)
カテゴリ
ネタ
コメント( 1 )
よろしく犬ドッグ
よろしく犬ドッグ
11月22日 17時39分

なるほど、テーブルゲームにするとそんなカンジになるんですね
サッカーに愛着があればあるほどルール詰めれそうですね(´(ェ)`)

コメントするにはログインが必要です
シェア