1748

引き継ぎカードの査定

by
N-Ash
N-Ash
個人的にWCCFからの引き継ぎカードのfootistaでの査定の仕方にいまだに納得がいっていません。
このゲームに引き継ぐにあたって変換される際にまず開発が勝手に決めたコストの枠に放り込まれます。
そしてコストごとの基準を元に査定されます。
おかげで元はスピードMAXの20あった選手もコスト110とかにされた場合、せいぜいスピード83とかにされてしまいます。

プロデューサーはこのゲームに変わるにあたってWCCFのカードを露骨に弱くしたりはしないと言っていました。
ですが、実際には一部の強カードを除いてほとんどが露骨に弱くなっています。ほとんどのカードは誰も使いません。

たぶん、開発の方々はもう今更どうでもいいだろ、と思っているのかもしれませんが、footistaは育成が無いのでいろんなチームを組んで遊ぶしかありません。
しかし、例えばリバプールで組んでみよう、となった時にFWは…と考えたらオーウェン、トーレス、今現在の3トップぐらいしかまず選択肢に入りません。どのチームで組もうとしても選択肢になり得るカードは少ししかありません。
せっかくWCCFのカードが大量にあるのにそれじゃつまらないじゃないですか?

もう一度査定し直していただけませんか?

というか、開発の方の勝手なイメージでコストを割り振ってからそれに合わせて査定するからおかしくなるんであって、むしろ査定しないで下さい。
WCCFの数値から平等に変換式に当てはめてそれで出てきた数値に合わせて、そこでコストを割り振れば元の選手評価のままの引き継ぎが出来るのに、何故勝手に意味不明な忖度が入った評価をしてほとんどのカードを使い物にならないようにするんですかね?🤔

無駄な労力を使ってプレイヤーをイラつかせる目的以外に何かあったんだとしたら是非聞いてみたいです。

もし、平等に評価したと言うのなら、これについて納得がいく説明をしてもらえないでしょうか?

まず、ファン・ニステルローイさんです。




元のスピード15が変換されるとトップスピード80、敏捷性75です。

次に同じユナイテッドから全盛期のLEのスコールズさんです。



元のスピードはニステルより高い16です。しかし、変換されると何故かトップスピード72、敏捷性75。

次に、少し前に引退したチェコの『スピードスター』ミラン・バロシュさんです。



元のスピードはさらに高い17です。変換されるとトップスピード76、敏捷性79。

上記の3人が並んで走ったらダントツでニステルが速いとかおかしくないですか?😬

カード並べて遊ぶしかないのに、追加されるカードが毎度毎度同じカードの焼き直しばかりな上に種類は少ない・華は無いで正直もうだいぶ飽きています。
仕方ないからWCCFのカードで遊ぶしかないんです。
ちゃんとどのカードも選択肢になるレベルに査定し直して下さい。お願いします。
引き継ぎする前にカードを見て、俊足が売りとか快速とか書いてあっても引き継ぎするとコスト100のトップスピード76とかばかりの似たり寄ったりなのはいい加減ウンザリなんですよ😥









 
更新日時:2020/09/22 22:31
(作成日時:2020/09/22 22:07)
カテゴリ
雑談・雑感
コメント( 29 )
29件のコメントを全て表示する
ヒロ
ヒロ
9月29日 14時33分

変換と言えばシェーネはWCCFではFKがSなのにfootistaでは69と、FKのスペシャリストのはずなのにFKを蹴らせられない数値に・・・。
カード化された当時はもちろんFKを決めていましたし、footista稼働開始時もFKの過去10年間、過去3年間のゴール数、どちらも欧州のリーグで5位以内に入っていたはずなのに、まともに変換して欲しいです。

N-Ash
ヴィッセリスタ
カミカゼ
カミカゼ
9月29日 19時15分

旧変換カードにムードメイクがいないのも、おかしいと思ってました。笑

N-Ash
ヴィッセリスタ
ぐり
ぐり
9月29日 21時51分

WCCFのカードに表記された数値を基準に変換するわけだからそれはできないでしょう。
WCCFは表パラはあくまで指標であり本質は裏パラにあったので表パラは重要でなかったので問題なかったんですけどね。
WCCFカードを使えるようにするための苦肉の策なんでしょう。

コメントするにはログインが必要です
シェア