455

今季の総括 JUVENTUS 2019-2020

by
Alessandrolex
Alessandrolex
前回の投稿からしばらく空きまして、こんな感じで更新となりました。
(実は第3第4と開幕時に書いたのがあったんですが、何故か投稿忘れしてそのままお蔵入りになりました…。)

では、気を取り直して。
今年も書かせて頂きます。
ユベンティーノとして、誰がSTAR OF THE PLAYERなのか。(長文です。)
※始めにお断りしますが、かなり私観が入ってますのでご了承下さい。

ユベンティーノとして、今季も冷静に考えてみようと思いました。
CLは万事休すとなりましたので、ここで総括します。
FOOTISTAとかけ離れてしまっては意味の無い投稿なので、私的な次Ver.のカードレアリティ予想もやりたいと思います。
ゲームファンとして。
サッカーファンとして。
ユーベサポとして。
それぞれの気持ちで書かせて頂きます。
因みに昨季の総括はこちら

思い返せば、後半はコロナの影響でかなりイレギュラーなスケジュールとなりました。
過密で過酷な日程となりましたが、無事9連覇です。
正直、ダメかと思いました。
覚えてますでしょうか?
サッリの就任に私は不安だと言う話を…。
サッリについて私見を書いた過去のリンク先です

ほぼ予想的中してしまいましたね。
今季は決して結果が良かったとは言えません。
幾つかのクラブワーストレコードも作った様ですし…。
だからこそ、ちゃんとユベンティーノとして酸いも甘いも今季について語ってみようと思います。
もちろん、オフィシャルで発表されたMVPやらベストイレブンやらとは判定基準も全く関係ありません。(笑)

■Man of the GK■

ボイチェフ・シュチェスニー
※ノミネート※ブッフォン

今季も安定したセービングで、幾多のピンチを救って来ました。
シーズン序盤でDFの要を失うと言う不運に見舞われましたが、彼の活躍で勝ち点を落とさなかった試合も少なくありません。
相変わらず今季復帰したブッフォンも、まだまだ衰え知らずのご健在ではありました。
それでもシュチェスニーの守備貢献には光る物がありましたね。
次Ver.では★★★★★GKS持ちと予想します。

■Man of the CB■

マタイス・デ・リフト
※ノミネート※ボヌッチ、デミラル
今季より加わった若きディフェンソーレも、序盤こそ苦戦を強いられました。
しかしながら、不運から回ってきたチャンスから徐々にリーグやチームにフィットし始めて来ました。
一時はデミラルにポジションを奪われかねませんでしたが、そのデミラルも負傷により再びチャンスを物にしました。
多少運こそあった物の、やはりアヤックスでのパフォーマンスは彼のポテンシャルの高さを表明する物でしたね。
来季、更なる飛躍に期待です。
次Ver.では★★★PBL持ちと予想します。

■Man of the SB■

ファン・クアドラード
※ノミネート※A·サンドロ、ダニーロ、デ·シリオ

本来のポジションとは全く違う最終ラインのサイドへとコンバート。
実際昨季の終盤では任されてはいましたが、いよいよ自らの主戦場としてフィットして来ました。
ドリブルでのビルドアップは、ダニーロやデ·シリオではまず見れないチャンスメイクですね。
守備に課題は残す物の、サイドアタッカーとしては素晴らしい貢献度でした。
次Ver.では★★★CRO持ちと予想します。

■Man of the DH■

ロドリゴ・ベンタンクール
※ノミネート※ピアニッチ、マテュイディ

悩みました…。
本来ならピアニッチと書きたかったのですが、来季はもういないので…。
エムレ・ジャンをシーズン中に放出してしまった(あれは、本当にもったいなかった…。)ので、では誰がここのポジションでとなると、やっぱりベンタンクールです。
徐々にマルキジオの様なユーティリティプレイヤーとして開花し始めてます。
守備も旨いし、パスも精度が高くなってきてます。
おまけに今季は、ミドルも枠に入ってくる様になりました。
元々OHとして攻撃のタクトを振っている選手ですから、この辺は十八番でしょうね。
マテュイディも去ってしまったので、来季は中盤の底で主戦力となりそうです。
次Ver.では★★★MBL持ちと予想します。

■Man of the CH(OM)■

アーロン・ラムジー
※ノミネート※ラビオ、ベンタンクール

持てる、散らせる、攻めれる、起点になる。
間違い無く来季はラビオにベンタンクールと組んで、良いトリオになると思います。
アーセナルでも素晴らしい選手だと思ってましたが、思ったよりも早くイタリアのサッカーに適応してきました。
ましてや、これだけハードワークを求められるユーベのサッカーに…。
元々は、中盤ならどこでも出来る選手ですからね。
器用な選手ではありますから、来季はピアニッチの去った中盤で思い切りタクトを振ってほしいです。
来季は残留するのでしょうか?
Ver.では★★★★SHP持ちと予想します。

■Man of the SS■

パウロ・ディバラ
※ノミネート※Dコスタ、ベルナルデスキ

改めて、彼はやはり化け物です。
CLの後半にケガを押して無理して出場。
やはり、足が持ちませんでした。
彼の離脱はユーベの敗北を意味しました…。
それだけ、今季の彼のコンディションはユーベの勝利を左右させたと言う事ですね。
コロナの感染は、本当に心配になりました。
ですが、リーグ再開と共に彼の復活を見た時に不安は完全に打ち消されました。
次Ver.では★★★★★★DRI持ちと予想します。

■Man of the CF(ST)■

クリスティアーノ・ロナウド
※ノミネート※イグアイン、ディバラ

ファーストトップで誰をと言われたら、貢献度の高かったイグアインもコンスタントにゴール決めれなかったし、マンジュキッチも放出してしまったので、そうなると彼しかいません。
やっぱり本物ですよね。
ただ、今季は若干ポジショニングに難ありでした。
いや、そもそもサッリの求めた役割にハマってなかったのではないでしょうか?
それでも、とにかく決定機さえ迎えてしまえば得点を決めてしまいますから。
本当にすごい選手です。
クライベイビーとか言われてた頃が懐かしい。
今のユーベでの絶対的ゴールゲッターですから、暫くは彼に代わる選手の登場はないかも知れませんね。
次Ver.では★★★★★TAR持ちと予想します。

それでは、私が選んだ今季のユベントスで最も輝かしい功績を残した選手は、こちらです。

★STAR OF THE PLAYER★

パウロ・ディバラ

順当でしたね?
終わってみれば今季のセリエAMVPですし。
面白味がなくてごめんなさい。
(この記事を下書きにしてる時はまだ決まってなかったんですが、偶然にも被ってしまいました。)
しかし、今季のディバラは凄かった。
コロナにも、7度も陽性診断受けたんですよね?
本人は相当しんどくて、絶望的だったと言ってました。
物凄く心配しましたよ。
しかし、終わってみれば…。
まさに、完・全・復・活!!
特にコロナでの中断を余儀なくされ、明けてからの後半戦。
完全にチームが下火になっている中、たった1人輝きを失ってませんでした。
いや、1人だけレベルが違い過ぎました…。
正直、CR7よりも終盤のディバラは見ててヤバかったです。
久しぶりにプレーを見ててドキドキさせられましたね。
だからこそ、CL前の負傷や本戦での途中交代は悔やまれます。
以前に絶対に出してはいけない選手と書きましたが、こちらもやはり出さなくて正解でした。
いやいや、あそこでスパーズなんかに出してたら、ユーベも血迷ったかなんて思いましたよ。
そもそも彼の貢献度が無ければ、今季の優勝はアタランタかラツィオ、或いはインテルが持って行ったでしょうね。
来季、レアルが狙ってるんですよね…。
ここはとにかくディバラには残ってもらって、来季もしっかりとスクデットの立役者になってもらいたいです。
レアルなんかに移籍しても、絶対に出場出来なくなりますから。
だったらユーベのバンディエラ、10番として活躍してもらいたいです。
ユーベの10番は、異次元の選手ではないと務まりませんからね。
間違っても放出なんてしないで欲しい。
クロース&イスコとトレードなんて噂にもなってますが、絶対に残留して欲しいです。

なぜこの人にしなかったのか?
決して個人的に嫌いな訳ではありません。
じゃあ、2季連続で活躍した彼をそれでもチョイスしなかったのはなぜなのか?

M.O.T.CFでも書きましたが、紛れもなく彼はバケモンです。
本物の…。
CLの逆転ゴールなんか、痺れましたよね?
なんだあのミドルはって。
それにシーズン中にも見れた、あの異常に打点の高いヘディングなんか異次元です。
そこまで言う割に、なぜCR7をS.O.Pにしなかったのか。
あくまで私の主観ですが、彼はイタリアのサッカーをしているって感じでは無いんですよ。
表現するには難しいですが、1人だけスペインのサッカーを要求している感じがします。
ポゼッションしてスペースを作って、そこにCR7が走り込んでパスを引き出す。
確かにピアニッチは、そう言うスペースにボールを供給するのが得意な選手です。
なので彼は来季バルサでもそれなりに活躍出来ると思いますし、その点においてレアルへの移籍じゃなくて良かったと思います。
イタリアの守備はガチガチに引いてスペースを潰すので、CR7の走り込んだスペースって、ボールが出てくる頃には結構キツキツなんですよね。
そこをかっさらわれて、見事にカウンターを取られるって言う展開を幾つも見ました。
しかも彼は守備をしないので、ボールロストしても追いません。
まあ、バイタルでファールを誘うと言うのも非常に効果的ではあります。
それに最近のCR7は、FKでもゴールを決めれてないですからね…。
ヒトリデデキタが成立しにくいからイタリアは面白いんですが、CR7はどこかそういう所があります。
その戦術は、意外にもアタランタやサッスォーロ何かには全く効きませんでしたし…。
あ、そもそもサッリが最後までどんなサッカーがしたかったのかを迷走していたって言うのはあります。
もしかすれば、頼むよCR7戦術だったかも知れないし…。
イグアインなんか、もっとゴール取れたんではないですかね?
ディバラは活き活きしてましたが…。
かなりのビッグチャンスを、彼自身が潰したのでは無いかと思います。
それでも、やっぱりゴール数が今季も得点王争いにくい込んでしまうあたり。
この辺がやっぱり本物だと思いますよ。
ユーベに残留が規定路線と言われてますが、PSGも狙ってるんですよね。
残留となれば、ディバラを出すかもなんて話にもなってるので、非常に複雑ではあります。
年齢はありますが、CR7もまだまだこんなもんじゃないと思います。
まだまだ、セリエAでのスーパーロナウドは見れてませんから…。

それと、もう1つ触れときましょう。

彼の何がいけなかったのか…。
まず始めに、彼がやりたかったサッカーに対するピースが少なかったのではないでしょうか?
まず、彼が求めていたプレイスタイルを持ったCFは、イグアインしかいませんでした。
しかし、そのイグアインですらも、ナポリで指導していた頃の彼とは違うプレイスタイルとなっていました。
(良くも悪くも、アッレグリが彼に求めたプレイスタイルなので、仕方ないですね。)
そして、全ての誤算はマンジュキッチを手放してしまった事と、ケディラが頭数に入れられなかった事。
今までは前線で守備を頑張っていたマンジュキッチがいたから、CR7が大分好き放題やれたわけです。
しかしながら、今季はその役割を担ったのがイグアイン。
でも、イグアインにはサッリはその役割を求めなかった。
イグアインは守備を余儀なくされ、ファーストトップからどんどん下がってしまう。
ゴールから遠い位置でプレーする事で、彼の居場所は無くなって行きました。
しかし、彼に代わる選手が今のユーベにはいないのです。
今季DHとして読んでいたケディラは、ケガが相次ぎ結局コンスタントに出場できるコンデションまで持って行けませんでした。
昨季、中盤では非常に貢献してきたジャンも、既に退団済みです。
マンジュキッチもジャンも、必要と思った時には既に遅かった…。
この時点で彼がやりたかったサッカーを諦めるしか無かった。
ここからの修正は、もう皆さんが知っている通りですね。
戦術なんて、あったもんじゃない。
ギリギリ個人技で何とかなってきましたが、タクティクスとか見てられなかったと思います。
容易に想像出来ますが、アニエッリやネドベドが到底納得出来る様なサッカーをしてませんでしたよね?
恐らく、このぐちゃぐちゃな状態を刷新しようと、今回の解任に運んだのではないでしょうか。
と、私はそう解釈しております。
彼の次のキャリアは、どこで監督するのでしょうか?
それとも休むのでしょうか?
いずれにしても、様々な困難な中1年間ご苦労様でした。
ゆっくり休んで下さい。

さてと、少しネガティブな話題が続きました。
今季も無事に終わりを迎えた訳ですが、やはりこの選手には触れておきたいですね。
出て行って欲しくないですが、もう決まってますから…。
それは、しょうがないです。
だから最後に感謝を込めてです。

キャリアも晩年になりますが、パサーはここから花が開くとも考えられます。
思えばピルロもそうですが、パサーには絶対的なセンスと先見の明を持っていると思います。
(ピルロは異次元でしたけど…。)
そう言った意味でも、彼もまだまだやれると思います。
ましてや彼のプレイスタイルなら、スペインにはすぐに馴染んでくれると思います。
バルサには変態的なトッププレーヤーが多くいますから。
そう言う意味では、どんなボールを供給してもゴールに結び付けちゃうんでしょうね。
だからこそ、ピアニッチの活躍を心から楽しみにしていようと思います。
いや~、万一CLで当たる様な事があれば…。
お手柔らかにお願いします。(笑)

ところで…。
来季の移籍はどうなりますかね?


まずはクルゼフスキ。
今季の冬メルカートで契約を結んだ、若きMF。
まだまだ未知数ではありますが、どれだけの才能が見られるか。
非常に楽しみです。


そして、アルトゥール。
ピアニッチとのトレードではありますが、バルサを追い出される様な感じで決して良い別れ方では無かったですね。
マテュイディの様な使い方になるのでしょうか?
来季の中盤は、これまた豪華になってきました。

それにしても、相変わらず平均年齢が高いですね。
デリフト、クルゼフスキがいるお陰で随分下がりましたが。
それでいてベルナルデスキを放出したら、尚更です。
このチームはまだまだ高齢化が進んでます。
そろそろ若返りをしないと、四つ星獲得は難しくなるのではないでしょうか?
正直、今季は現時点でのユーベの限界を見てしまった気がします。
アタランタの方がよっぽど面白いサッカーしてましたからね。
来季は10連覇がかかってるので、楽しみではあります。
でも、このままではいけません。
多分来季もビッグイヤーは難しいと思います。
だからこそ、もう少しちゃんとした補強をして欲しいと思います。
生粋のストライカーが欲しいですね。

ん?
あー、あの話ですか?
ちゃんと、触れますよ。
その為のフリでしたから…。


そうです。
新監督、アンドレア・ピルロです。
ザッケローニも言ってましたが、これはユーベも賭けに出たなって思います。
あくまで個人的にはですが、私は反対でした。
ピルロが嫌いなわけではありません。
むしろ、大好きな選手です。
だからこそ万一成績が悪かったら彼の名声が全て崩れて行くのかなって、そんな事があったら見てられない。
ユーベはそう言う結果を猶予として許すチームではありません。
もう少し監督としての実力が伴ってから、監督ピルロを見たかったと思います。
思えばチーロもシーズン終盤で代理監督やって、少し結果出しちゃったから翌シーズン正式に就任したんですよね。
でもって、翌シーズンにボッコボコにされました。
どうしてもその時の記憶、悪夢が蘇ります。
私の心配がただの考え過ぎで終わる事を望んでます。

どうでもいいですが、なぜこの2人?この写真?
って思いましたよね?
なんか、イタリアンジョークなんですかね?

AnDrea Pirlo
Alessandro Del Piero

共に、A.D.Pなんですって。

ADP10(アレックスの相性)からADP21へ愛を込めて。
素晴らしいシーズンを。
Forza andrea!!

って言うメッセージをアレックスがピルロに向けて発信してます。
なんか、いいですね。
2人とも、ビアンコネロのレジェンドであり、アズーリのレジェンドでもありますからね。
(ミラニスタの皆さん、ごめんなさい。)

最後に、JUVENTUSch(official)の動画を載せたいと思います。
あの人もあの人もあの人も。。。
懐かしい人達がいっぱい写ってます。
9年間の歴史を、この約1分間の動画でお楽しみ下さい。
Grazie miralem!!
Grazie maurizio!!
Grazie braise!!
Forza JUVE!!

写真やら動画やらをいっぱい使ってるので、色々と引っかかったら消します…。
作成日時:2020/08/13 04:23
コメント( 2 )
ゆーべん
ゆーべん
2020年8月13日 8時0分

Alessandrolexさん
総括ありがとうございます!
ホントサッリはなんだったのかという感じですね…。ジャンとマンジュキッチを失い解任の違約金が残りプラスは…。
後任のミステルにピルロも驚きでしたねー。
ブッフォンみたいな兄貴分にも非情な決断ができるのか、勝ち続けないといけないプレッシャーに耐えられるのか
など不安要素が多いですよね。
4-3-3でいきたいみたいですがディバラはどう使うんですかね。ウィングなのかなぁ。
ディバラはFKも任せてほしいですね。ロナウドのFKが期待薄いだけでなく、ロナウドがターゲットとして中にいるのは相手的に嫌でしょうし。
退団決定のピアニッチだけでなくマトゥイディ、ラムジー、ケディラも退団の噂があるので結構メンバー変わるかもですね。
そういえばいいMFがいるんですよ。スタミナがあって労を惜しまなくてシュート力もある選手が。
クルゼフスキの隣に。

あっもう現役じゃなかったか笑

ヴィッセリスタ
アマテラスのミカド
N-Ash
ワッシー
Alessandrolex
Alessandrolex
Alessandrolex
2020年8月13日 19時17分

⇒ ゆーべんさん
久々でしたが、コメントありがとうございます。
サッリは、ぐちゃぐちゃにして行った感がありますね。
ピルロがジジに物申せるのか。
そこは、本当に難しいと思います。
でも、本来の彼のキャラクターならば、嫌われる事はないと思います。
ベップみたいになるのか。
ジズーみたいになるのか。
リンギオみたいになるのか。
いずれにしても、彼の采配が楽しみですね。
期待と不安の来季です。

ヴィッセリスタ
ワッシー
コメントするにはログインが必要です
シェア