1323

4バックのチーム

by
N-Ash
N-Ash
最近、4バックのチームでプレイされる監督さんの投稿をよく見かけるようになったので、同じく4バックでプレイしている私の4バックの考え方的なものを投稿しようと思います。


まず、第一に5バック環境に慣れてしまった意識を変えることが必要だと思います。
5バックのチームだとほとんどの場合が、最終ラインで相手の攻撃を受け止めてカウンターで素早く前線へ。攻撃は前線の2人をサイドに移動したり、そこから中央へ戻した時の相手DFとのギャップを突く、といったことが基本形になると思います。中盤はただのリンクマン、サイドバックはそれほど重要度が高くありません。重要なのはとにかく動けて点の取れるFW、相手の攻撃を跳ね返せるDF。

4バックでやりたい!という監督さんも大抵ガチでは諦めて5-3-2を使っていたり、周りのアドバイスをくれるランカーさんなんかも5-3-2ベースの話をされることが多い為、自然と5-3-2のスタンダードがこのゲームの唯一無二の攻略法だと思い込んでしまっている方が多いと思います。

ですが、5バックの攻略法をそのまま4バックのチームに落とし込むとこうなります。

最終ラインで防ぐ守備はCBが1枚少ない関係でリスクが段違いで高く、FWのカード移動前提のFWだけで完結する攻撃は5バックと全く同じ攻撃力…
これではわざわざ4バックにしている利点がありません。

4バックの5バックにない利点。
まず、攻撃の展開力。超人とカード移動頼みの攻撃だけでなく、複数の攻撃パターンに人数を掛けた厚みのある攻撃は5バックより勝っていると思います。
次に中盤の構成力。人数掛けて崩すのもいいですし、ここを防波堤とすることにより、最終ラインで防ぐリスクを減らすことも出来ます。

以上を踏まえた上で私が主に使っているフォーメーションは4-5-1のAとD、4-3-3のCです。
何故ウイング入りのフォーメーションは使わないのかというと、ウイングは中盤やサイドバックとの距離が遠くて孤立しやすく、元の配置からサイドにいるとフリーにするためのカード移動が難しいからです。
孤立した状態から個の力で打開するのならカード移動がしやすい2トップの方がやりやすく、そうなると2トップのカード移動に集中しやすい5バックに優位に立つのが難しいですし、逆にこちらは状況判断と操作が煩雑になって集中しづらいんですよね。(まあ、判断力や腕に自信がある監督さんなら問題は概ね解決しますが😓)
それではウイングの選手はダメなのか?と言えば答えはノーです。メインのポジションがウイングでサブにSSかサイドハーフの適性がある選手こそが理想だと思っています。
ちょうどごみむしけらさんのオススメされていたマンシーニなんて理想に近い選手だと思います。
ホントはカジェホンにRM適性が付いていたなら最強だったと思うんですが…

ちなみに一番多いと思われる5-3-2への4バックの有効な戦術としてはシンプルにサイドからの崩しだと思います。
ここを主戦場とすれば相手はDMとサイドバックで対応せざるを得ず、対してこちらはCM(OM)・サイドハーフ(SS)・サイドバックで常に人数優位で勝負出来ます。さらに相手のサイドバックにマンマーク付けて無理矢理もう一枚参加させることも可能です。
相手が嫌がってマンマークを付けて対抗するようなら、ただでさえ少ない5バックの中盤がさらに減ってそこ以外の陣形が崩れるのでそれはそれでいいですし。

私の考えとしては、このゲームにおいて4バックが5バックより強さの面で劣っているとは思いません。
しかし、守備のリスクは格段に大きいので難易度は高いです。
だからといって、必死にリスク回避ばかり考えても5バックの劣化にしかならず、勝つためにはリスクを上回る4バックの利点を追求するしかないと思います🤔




最後に4バックのチームでの私のオススメ選手を紹介します😊

まず、1人目の選手はこちら、

中村俊輔選手(WCCF16-17/ジュビロ磐田/コスト100)です。
私が使ったことのあるトップ下の選手の中では最も優れた選手だと思います。
パス、ドリブル、シュート、他の選手と違い、判断が的確で相手のイヤなところを突く能力に長けています。中央でボールを持った時に相手サイドバックの裏にスペースがあればそこへスルーパス、相手のDMが詰めてなければドリブルで持ち上がったり、サイドが空いていれば流れてクロス、いったんサイドへ預けて自身がゴール前に走り込んでシュート、等のちゃんとしたトップ下の仕事を一通りこなしてくれます。おまけにタックルも結構上手いので前線奪取もしてくれます。しかも、一番の強み、最強クラスのFKもある。まさに東洋のファンタジスタです☺️
ちなみに弱点と思われそうなフィジカルコンタクトも71あるので空中戦とかでなければ吹き飛ばされることもそれほどないです。

2人目の選手はこちら、

ルカ・モドリッチ選手(FOOTISTA2019/レアル・マドリード/コスト130)です。
よく、器用貧乏・地味・何がいいのか全然わからない、等と言われることが多いですが、4バックのチームならば、これほど良い選手はなかなかいません。攻撃にも守備にも使えるので、試合の流れに合わせて役割を変えられて、スペシャルワンでスタミナも高いので1試合フルでペレやメッシをマンマークし続けることも可能。相手DFのファン・ダイクとかを試合開始と同時にマンマークして後半ヘロヘロにしつつ、自身はゴール前に張っていたりも出来ます。

3人目の選手はこちら、

ルーカス・フェルナンデス選手(FOOTISTA2020/北海道コンサドーレ札幌/コスト90)です。
ほとんどの能力が『普通』といった感じの一見平凡な選手ですが、縦の動きが秀逸で良いタイミングでスルッと右サイドを抜けて行きます。タッチライン際でのドリブルは力強く、そこからのクロスの精度も悪くありません。
コスト90のJリーガーということで相手がナメてくれるのも好材料です☺️
ただし、カットインとシュートは絶望的にヘタなので要注意😓

4人目の選手は、

マッツ・フンメルス選手(FOOTISTA2020/ボルシア・ドルトムント/コスト110)です。
とにかくミスが少なく、相棒のCBが抜かれた際もカバーに入る頻度が他の選手より多いので4バックではありがたい選手です。
奪ってからのパスもスキルのおかげで右サイドへ精度の高い超ロングパス、あっさり通っていきなり得点チャンス。なんてのもたまにあります。
スタミナがあと5高かったら最強CBになれたと思います。

5人目の選手はこちら、

ネマニャ・ビディッチ選手(WCCF11-12/マンチェスター・ユナイテッド/コスト110)です。
スピードは低いんですが、守備範囲が広くてポジショニングが妙に良いので安定感があります。
ミスが少なく1対1も強いし、個人的には4バックなら同じコスト110のムードメイクのマノラスを使うより、このビディッチの方が全然安心出来ます。


かなり長くなったので、この辺にしておきます😊

 
更新日時:2020/06/07 16:10
(作成日時:2020/06/07 15:53)
コメント( 9 )
9件のコメントを全て表示する
N-Ash
N-Ash
6月12日 10時28分

>namiheirasukaruさん
モドリッチいいですよね😊
ジョアン・シミッチは印刷してないままだったんですが、ガチチームで時々見かけるジョレンテを使ってみたらファールやパスミス等の粗さが若干目立つ感じだったので使ってみようと思います。オススメありがとうございます☺️

namiheirasukaru
らりいエックス
らりいエックス
6月14日 16時24分

ビディッチ、フンメルス、どちらもいいですね!スタメンはフンメルス、控えにビディッチというのも良いかな。調べていて気がついたんですが、ビディッチの2009-2010バージョンも良いです。ディフェンスは2011-2012の方が上ですが、パワーとスピード、スタミナは2009-2010が上です。実際やってみると、守備の安定性は同様でした。

N-Ash
N-Ash
N-Ash
6月15日 0時27分

>らりいエックスさん
09-10は持っていないんですが、他のカードもちょっと気になっていました。ありがとうございます😊

らりいエックス
コメントするにはログインが必要です
シェア