どうも、JCを愛してやまないあだつていです。JCは、ジェイソン・クリナのことです。

みなさん!やりました!
と思ったら、やってませんでした…。
泣きたい…。

まずは、こちらをご覧ください。
 
私、WCCF16-17終盤あたりから、GKに焦点を当ててやってきています。セニにセットプレーを蹴らせたり(エリア獲れた)、カンポスをフォワードとして起用したり(エリアベスト8)、数値的にCBだろうということでPOYノイアーをフィールドプレイヤーとして使ってみたり(さすがに無理があった)、あとはタファレルが18UPになったらキラ枠割かなくて済む絶対守護になるだろうと育成したり(エリア獲れた)…。







その中でも一番力を入れていたのが、GK攻撃参加でした。GK攻撃参加の選手は、全員コーナーキックから得点させたことがあります。一番ゴールさせたのは、グラトロ用チームで使っていたキム・ジンヒョンですね。ですが、一番上手かったのは、デ・ヘアでした。一番使ったのは、ブットです。『ブット、ぶっ飛んでる』と銘打って、17-18の公式大会でも選抜しました。ブットは、ガチでセービングも上手かったと思います。

そんな私も、フッティスタではオシェイ先輩という大きな大きな存在を見つけた訳ですが(私の以前のブログを参照ください)、それだけでは物足りず、TwitterのフォロワーさんからGK攻撃参加ができるということを聞き、200試合以上試してきました。

結論から言いますと、ほぼ無理ゲーです。
だって、GKを上がらせたとしても、AIの帰陣の意識が高いからか、ボールから離れていくんだもん!
行くだけ行って触ろうともせずに戻るも、カウンターに間に合わず失点も多々…。
もうしんどい。

そう思っていた時期がありました!
ですが、今は別です。気づきました。
重要なのは、攻撃意識の数値なのではないかと。ということで、攻撃意識66でGKの中でトップでなおかつサプポジCF70のカンポスならワンチャンあるんじゃないかと思うわけですよ(SOCノイアーは攻撃意識62で2位)。
前述の通り、カンポスは私のだぶしー史の中でもレジェンド、そしてKINGなので、文句なしの採用です。



↑心の中では、こんな感じだと信じています。

オシェイ先輩も外し難いですが、カップ戦専門になった私にとって、PK何が何でも相手に決めさせるマンのオシェイ先輩は流石に厳しいということもあり、外させていただきました(カンポスはPKセーブ86だよ)。

で、あの動画に至るわけです。
初めてヘディングしましたよ。
初めてシュートしましたよ。
初めてCKを一番最初に触りましたよ。
ゴールした瞬間、思わず吹き出しましたwww
てか、まじでベジェリン触るなよwww

リーグ戦はオシェイ先輩、カップ戦はカンポスで、GK攻撃参加がバチコリ決まるまで、いや、決まったとしても、続けていきます。



最後まで見ていただき、ありがとうございます😊
更新日時:2019/11/08 15:20
(作成日時:2019/11/08 12:24)
コメント( 0 )
コメントするにはログインが必要です
シェア