687

第6弾の選手のスピード数値分析(CM)

by
ハッシュ
ハッシュ
では先程に引き続きスピード数値分析をやっていきます。今回はCM編ですね。

CMは攻守両面での貢献が求められるポジションですので、スピード数値的にはトップスピードと敏捷性の両方が必要になります。
なのトップスピードと敏捷性の差が少ない選手が適してして、更に数値が高ければ高いほど理想的となります。

では第6弾のCM4枚とEXの2枚の数値をどうぞ!!

※表記説明
SPE→スピード総合値
T→トップスピード数値
A→敏捷性数値
差→(T-A)の差。この数値が高ければ高いほどチーター型。低ければ低いほど猫型。

☆トーマス・デラネイ(EX)
SPE:72   T:72   A:71   差:1   コスト:80
スキル:ー

☆ロレンツォ・ペッレグリーニ(EX)
SPE:74   T:74   A:73   差:1   コスト:100
スキル:ドリブル

☆ロドリゴ・ベンタンクール
SPE:73   T:72   A:72   差:0   コスト:110
スキル:ショートパス

☆ジョーダン・ヘンダーソン
SPE:70   T:68   A:72   差:-4   コスト:120
スキル:ショートパス

☆イルカイ・ギュンドアン
SPE:75   T:71   A:77   差:-6   コスト:120
スキル:スルーパス

☆アルトゥール・ビダル
SPE:70   T:64   A:74   差:-10   コスト:120
スキル:ミドルエリアブロック

はい、この6枚になっております。

まずはコスト80のデラネイ。この選手に関してはもう言うことは無いのかなと思います。飛び抜けた数値はありませんけど、致命的な穴もない。
スピード数値のバランスも取れてますし、無難に仕事をしてくれる優良なコスト80と言えますね。
強いて言えばもう少しスピード数値が高ければ最高ですけど、☆2選手にそこまで求めてはいけませんね。

次にコスト100のペッレグリーニ。この選手も数値的に特筆すべきものはありません。比較的テクニックが高く設定されているので、これが強みになるのかなと思います。
デラネイ同様にスピード数値のバランスも取れてますし、CMとして計算は立つのかなと。
しかしややパワー不足は否めませんので、そこは頭に入れておく必要はあると思います。
ただペッレグリーニは数値よりもスキルが特徴かな。貴重なドリブル持ちのCMですから。

次にコスト110のベンタンクール。
スピード数値のバランスは文句なしですね。差が0なのでCMとしては理想的。
ただ各項目を見ていくと、まずオフェンスとディフェンスの数値が低め。このことから得点、奪取という、攻守においての「最後の部分」には不安を感じざるを得ません。
となると攻撃ではビルドアップ~チャンスメイクの局面、守備ではパスコースの限定など攻守において黒子的な仕事が役割になるのかなと思うんですが、如何せんパワー不足が顕著です。
なので激しいプレス地獄に巻き込まれると何も出来なくなる可能性が高い。それどころか攻守両面で関与するCMですから、不用意にボールロストを繰り返すと、それだけでゲームの流れが悪くなります。

この様なテクニック特化型の選手は、現在の仕様では厳しいですね。
もし使うのであればカード移動やフォーメーションを吟味して、極力フリーでボールを受けるれるシステムが必要かなと思います。まぁ上級者向けかな。

そしてコスト120の3枚。まずはヘンダーソンから。

この選手もフィジカル能力がそんなに高く設定されていません。見方によってはテクニック特化型とも言えるんですが、オフェンスとディフェンスの能力はまずまずで、パワーもフィジコンとキック力はある程度持ってる選手なので、オールマイティに仕事は出来る選手なのかなと思います。

ただやはりコスト120と考えるとパワー、スピードの物足りなさは否めません。
となればテクニックも高いことですし、DMとして配置するのも一つの使い方なのかなと思います。
現実でもファビーニョがフィットするまではDMをやってたはずですし。
まぁスタミナは無尽蔵なので、本当はCMに配置させて攻守に動き回って活躍してほしいですけどね。

次にギュンドアン。スピード数値としては猫型寄りです。
オフェンスとディフェンスのバランスの良さはCMとして大きな武器になると思いますし、テクニックも抜群ですのでショートパスでの繋ぎから、フライパスでの展開、更にドリブル数値も高いので自ら持ち運ぶことも期待出来ると、CMとしては良い数値設定だなと思います。

裏面の数値ではパワー不足を感じますが、ヘンダーソン同様にキック力とフィジカルは悪くないので、過信は禁物ですがある程度は戦えるのかなと。

しかし、CMとして使ってみたい数値はしてるのですが、致命的にスタミナが…
71では他のポジションでも使いにくいのに、激しい運動量が求められるCMでは到底使えません。ましてやコスト120ですから。
非常に勿体ない選手だと思います。

最後はビダルです。スピード数値的には完全猫型のCMになりますね。
ビダルはスピード数値に関しては少し不遇かなと思います。まずトップスピード64は明らかに過小評価ではないかと。
そして敏捷性74も決してCMとして高い数値ではありません。
むしろビダルはこういった身体能力を持ち味とした選手だと思うので、この数値設定は意外でした。

その代わり他の能力は文句なしの高水準。穴らしい穴はありません。
特筆すべきはディフェンス数値の高さ。85はCMの最高数値で、しかもタックルとパスカットが同値。

現状「ディフェンス数値80以上」「パスカット、タックル共に80以上」のCMはビダルを含めて5人います。(ビダル、ベッラッティ、マテュイディ、アラン、ケディラ)

この5人を見てもらえばお分かりだと思いますが、この中でMBL持ちなのはビダルだけなんです。
つまり元々CMとして1、2位を争うディフェンス能力を持っているのに、更にスキルでディフェンス能力を上乗せ出来るというディフェンス数値に関して凄まじいCMなんです。

と考えれば、中盤で相手とマッチアップすればかなり優位性が生まれるのではないかと。
問題はトップスピードの低さですね。スピードで引き離されればディフェンスも何もありませんので。
ならば下手に攻撃参加させるよりも、守備に重きを置いてプレーしてもらった方が良いのかも知れません。

「DMとしての起用」も1つの手段かも知れませんね。テクニックも高いのでパスの配球役としても活躍出来るはずですし。

という訳でCM編は以上になります!
次回はCF編ですー!
作成日時:2019/11/04 01:22
コメント( 6 )
6件のコメントを全て表示する
yunen0423
yunen0423
11月6日 17時40分

いつも参考にさせてもらってます!
ところですデラネイはゴレツカやパローロと比べるとどんな感じでしょううか?

ハッシュ
ハッシュ
11月8日 23時19分

yunen0423さん
コメントありがとうございます!
デラネイの数値はパローロに良く似ています。なので数値的にはパローロと同じ、ピッチを駆け回るハードワーカーのイメージ。ただし全体的な能力はパローロが一枚上なので、下位互換になるのかなと。
ゴレツカはポジショニングに優れたオーガナイザー的選手。
この2人とは少しイメージは異なりますね。 参考までに…

yunen0423
yunen0423
11月10日 6時16分

いつもいつも為になる情報ありがとうございます!
参考にさせていただきます。

コメントするにはログインが必要です
シェア